読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

malzack blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

『コスパ』も『時短』も無視したらリーガルエンベロープに行き着いた

gadget

f:id:mlzk:20160718161945j:plain

ポスタルコのリーガルエンベロープがお気に入りです。

以前から使ってきたモレスキンの紙製の書類フォルダは、紙製のために耐久性に難がありました。それでも2年以上は使っていましたが、くたびれてきたので買い換えです。

モノを買うときの指標に『コスパ』があります。しかしながら、コスパという言葉は、『お金』の面ばかりに目がいっているようで好きになれません。今回の買い換えで重視したのは、長く使い続けられるかどうか。リーガルエンベロープは約28,000円。10年くらいは難なく使い続けられるほどの作りになっていますが、これを使用年数で割り算するようなことはしたくありません。良質なモノを持つことが、最終的な支出で有利になることはありますが、求めるものはコスパではなく、「使い続けられる」というパフォーマンスそのものです。

f:id:mlzk:20160718163722j:plain

また書類の綴じヒモは、持ち物を取り扱う実感を高めてくれます。正直、毎回ヒモを綴じる必要があるため時間はかかります。しかし、時短ばかりを求めるのではなく『実感』を大事にするのも暮らしを豊かにするポイントです。