Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

長財布と必要なムダ

僕は根っからの文系なので、計算にめっぽう弱い。だから、レジで小銭の端数を処理するのが苦手。うっかりすると財布の小銭入れがいっぱいになってくる。500円玉は平気で2枚になるし、100円玉が5枚以上入っていることなんてザラだ。 『小さい財布』『薄い財布…

ミリ単位で変わる坊主の印象

思えばドラマ『SPEC』の加瀬亮に憧れて坊主にしてから、2ヶ月がたった。会う方々からは「以前のマンバンヘアのほうがよかった」「なにそれウケるー」というあたたかいご意見を多数ちょうだいした。しかしその意見とは裏腹に、僕の髪は徐々に短くなっていった…

『鬼辛チゲ鍋』に殴られた

僕はいま怒っている。その理由は、注文したチゲ鍋があまりにも辛かったからだ。 昔、ダウンタウンが司会の音楽番組でX JAPANがゲストの回があった。トークではメンバーがYOSHIKIの破天荒エピソードを紹介し、それをみんなで笑うという流れ。そのときに紹介さ…

Kindleに手書きを取り入れたい

Kindleアプリがアップデートされた。トップ画面とアイコンが変更されて、前のバージョンよりもオシャレになった。iPadでKindleを開くとこんな感じ。幻想的なブルーがかっこいい。 しかし、Kindleはわかっていない。僕の気持ちをわかってくれていない。Apple …

とにかく大きい枕

枕を新調した。 いままでネックピローを枕にしてみたり、枕なしで生活をしてみたりと、色々なことを試してきた。 少ないモノで暮らしていると、なぜか小さなモノに惹かれる。枕だって「小さく丸められて、いざというときに持ち運べる」なんて聞くと、所有欲…

ミニタオルを買い足すたったひとつの理由

僕は忘れっぽい。 小学生の頃はランドセルを背負わずに登校したことがあるし、今だってトイレの電気は高い確率でつけっぱなしだ。 福岡では、コートを忘れたことがある。1週間ほど出張し、帰るときに空港にコートを忘れてしまったのだ。東京に着陸し、いざコ…

窓枠にも人工芝

なにごとも思いついたらすぐに行動に移したいタイプだ。何かの推理小説で「ひらめいたら突如走り出す」という探偵がいたが、僕はそれに近い。 玄関に人工芝を敷いていると、以前の記事で書いた。殺伐となりやすいミニマル部屋に、ちょうど良いアクセントにな…

はつねのタンメン@西荻窪ウォーカー

西荻窪でもっとも行列ができるラーメン屋さん。それが『はつね』だ。ランチタイムはいつも混んでいるので、なかなか入れない。閉店間際の17時頃がもっとも空いているが、スープが終わり次第終了なのでギリギリすぎてもいけない。 その日は16時頃に到着した。…

バリカンとピアス

坊主にしたので、バリカンとピアスを買った。 坊主の特権は、美容院に行かなくて済むことだ。セルフバリカンをすれば、美容院代がかからない。というわけで電動バリカンを購入。Amazonでいろいろ調べた結果、フィリップスというメーカーの商品に決めた。 こ…

坂本屋のカツ丼@西荻窪ウォーカー

一見何の変哲もない定食屋さん。だけどいつも必ず行列ができている。そんな謎のお店が西荻窪の『坂本屋』だ。 いったい何がそんなに魅力的なのか。インターネットで調べてみると、この『坂本屋』はカツ丼がバツグンに美味しいらしい。近所にこんな有名なお店…

食器の水切りは珪藻土で

珪藻土の吸水力は、ビックリするくらいにすごい。 水分が本当に「あっ!」という間に乾く。自然素材の圧倒的なパフォーマンスにおののく人も多いだろう。もともとはバスマットの代わりとして有名だった珪藻土であるが、食器の水切りマットにするのが少し前か…

Tiny Calendarでカレンダー共有

ブログの情報は点である。書いた人が「そのとき」を切り取った記事である。 だから、過去に僕が紹介した使用アプリも、現在は結構変わっていたりする。タスク管理、スケジュール管理も常に変化と進化を繰り返している。 現在はタスク管理よりもスケジュール…

たこ焼きに塩

塩よりもタレ。前にそんな記事を書いたので、僕のことを「大味が好きなお子ちゃま舌」と思った読者もいるだろう。 しかし、誤解のないようにここで言っておきたい。僕の味覚はオトナである。たしかに居酒屋で頼む定番メニューは唐揚げとフライドポテトだし、…

Malzack Blog 第3章

Malzack Blogは第3章に突入している。 2014年7月にブログを立ち上げたときは「ミニマリストチャンネル」というブログタイトルだった。当時はミニマリストブログも少なく、持ち物を減らすストレスハック系の記事を書いていた。「持ち物を減らすとラクになりま…

上書きされた『ミニマリスト』とモノを減らすブーム

モノを減らすブーム モノを減らすことが世界的ブームとなっています。『人生がときめく片付けの魔法』という本が爆発的なヒット。著者である近藤麻理恵氏は、TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれました。 この世界的なブームの背景を的確に捉…

—新着記事を受け取る—
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack