Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

僕の中のクレイジー

僕が脱サラしたのは、『クレイジージャーニー』を観たのがきっかけかもしれない。「好きなことをやればなんとかなる」と僕に教えてくれた番組だ。 このテレビ番組では、自分の好きなことに熱狂的に取り組んでいる人が紹介される。その様はクレイジーとも言え…

漢方よりもさらに自然で効果のある薬

オステオパシーの創始者であるスティル博士は、「脳は神の薬局である」と表現した。 脳には、体液、神経、栄養、ホルモンなど、人間が健康を維持するためのすべてのものが備わっている。だから不調を解決するために、わざわざ外側に答えを探す必要はない。人…

砂漠の中のカズノコ

「アイツの良いところを見つけるなんて、"砂漠の中でカズノコ一粒を探すくらい"難しいよ」 これはかつての同僚が放ったパンチラインだ。かれこれ8年前だっただろうか。一癖も二癖もある上司がいて、「悪口ばっかりもよくないから良い部分も探す努力をしよう…

整髪料にセサミオイル

坊主から一転、髪の毛を伸ばしている最中だ。 おかげさまで髪の長さはだいぶ復活してきて、現在2、3cmはあると思う。スクスクと伸びゆく髪の毛に感謝しながらも、今はだいぶ中途半端な長さでもある。 今回は写真がないので読者には想像していただくしかない…

延長コンセント

充電器は、各メーカーがさまざまな形を作るので無法地帯になっている。 だから、電源タップを買ったはいいものの「充電器を差し込んだら隣の口が使えなくなる」ということがよく起こる。その結果、5個口用なのに3個しか使えていないなんて人も多いはずだ。 …

個人事業主のクレジット決済を応援するSquare

誰もがカンタンにビジネスをはじめられる世の中になった。 インターネット、SNSを使えば興味がある人同士がつながれるから、リスクを少なくスタートアップができる。資本金をドカンと注ぎ込まなければならないビジネスもあるが、少額から恐る恐ると商売はス…

トーストは月まで届くか

ご存知でしたか?紙を43回折ると月まで届くって。 紙の厚さは約0.1mm。1枚の紙は折るたびに倍々になっていき、26回折ると地球一周分もの厚みになる。さらに折る回数を増やし43回までになると、地球から38万kmも離れている月に届くのだ。 現実的には43回折る…

Spiritのカジュアルな和訳を考える回

「Body、Mind、Spirit」という解釈は、人間をひとつの全体としてとらえる上で重要な考えだと思う。 カラダが健全なだけでは人間は満たされない。たとえば、ストレスによって感情や精神が乱れてしまっては、いくらカラダに不具合がなくても幸福とはいえない。…

健康とは大雪を楽しめること

東京は昨日、4年振りの大雪になった。 一駅離れたところで仕事があって、帰りは夜になった。あたりは吹雪で四方八方に白い雪が吹き荒れている。駅のホームの屋根が機能しない。屋根を無視して横から顔めがけて雪がぶつかってくる。 しかしイヤな感じはしない…

充実した休日の過ごし方

休日なんてなくてもいい。僕は施術をすればするほど元気が出るからだ。 しかし残念ながら施術の依頼がなく、なくなく休日になってしまう不人気デーもある。 そんな日もダラダラと過ごしていてはもったいない。休日だってやることがたくさんあるのだ。 まずは…

痩せすぎ対策

腹が減って腹が減ってしょうがない。 先日ミートソースパスタの専門店に行ったときもそうだ。どうにも腹が満たされない気がして、その足でマクドナルドに駆け込んだ。注文したのは、ダブルチーズバーガーセット。フライドポテトとコーラ付きだ。 僕が健康診…

波動とは周波数である

波動。この言葉はスピリチュアル界隈でよく使われ、その響きはいかにもスピリチュアルである。 "波動"と聞くと脊髄反射で「怪しい」と感じる人も多いと思うが安心してほしい。何についても二言目には「波動」と言う人には、僕も首を傾げている身だ。「波動波…

カラダの機能不全から引き起こる『抑うつ』

ココロはカラダに影響する。しかし、その逆も然りだ。 カラダに起きた機能不全が、ココロの病に発展することもある。そのひとつの例が『抑うつ』だ。頭蓋仙骨の機能不全を整えるクレニオセイクラルセラピーは、抑うつに一定の効果がみられる。 頭蓋仙骨セラ…

カラダを我が子のように扱うこと

初回のお客さんには、必ず事前説明をする。カラダのどの層にアプローチする施術なのか、僕が考える自然治癒力とは何か、などである。 ただし、半分くらいの方は説明を上の空で聞いている。僕の説明がおもしろくないのは申し訳ないが、それにしても切ない。「…

山岡士郎とカイジ

「いいでしょう。びっくりするモノをお出ししましょう。ただし、勝負は1週間後です。」 こうやって『美味しんぼ』の山岡士郎はすぐに勝負をしかける。仕事をさぼって競馬をしているくらいだから、根っからの勝負師なんだろう。 その勝負師としての資質に、僕…

—新着記事を受け取る—
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack