読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

MinimalLife

美容院では話しかけてほしくない

美容院に求める条件は2つある。それはリラックスと距離感だ。 そもそも、人に髪を触られるのは気持ちがいい。その気持ちよさはプロの美容師になるとさらに格別なものになる。慣れた手つきでマッサージ付きのシャンプーをされると、脳がとろけそうになる。 カ…

『ファッション・ミニマリスト』と『モノ・ミニマリスト』

私はファッション・ミニマリストである。「ミニマルな外見に最大限にこだわる」という意味だ。 モノを減らし『ミニマリスト』を名乗りはじめたのは2010年。モノを減らすとストレスが軽減する。その効果がモノを減らすことを後押ししてくれたことは確かだ。 …

飛行機に乗るときに必要なプレイリストとイヤホン

飛行機に乗るときはノイズキャンセリングイヤホンが欠かせない。 人は大きな音にストレスを感じる。飛行機に乗っているときの大きな音も然り。このノイズを小さくすることでフライト中のリラックスレベルが段違いに良くなる。 BOSEの『QuietControl30』はネ…

『コスパ』という言葉の使いすぎに注意

そもそもコスパは価値を表すものではないということ。自動販売機で120円のコーラを10円で買えたならコスパがいいし、200円だったらコスパが悪いということになるでしょう。でも、コーラの価値についてはなにも語られていないわけです。「コスパ」って言うな…

ミニマルな文章を書くための3つのコツ

ブログを運営してから、文章術の本を読むようになった。読むときに気をつけていることはその内容だけではなく、著者の文章そのものが読みやすいかどうか。 本の読み手と書き手の相性もある。しかし、それを前提にしもて読みにくい文章本もあるのが正直なとこ…

ミニマリストの冬は暖かい

ミニマリストとは最小限主義者のこと。そのポリシーは持ち物にも反映されている。持ち物が少ないと「冬はとてつもなく寒いんじゃないか」と思う人もいるかもしれない。しかしながら私に関しては、持ち物が多かったときよりも、今のほうがだいぶ暖かく過ごせ…

ハンガーを使うと洋服のローテーションがしやすくなる

ハンガーの目的はなんだろうか。 それは型崩れしにくいようにするためだ。特に木製のしっかりしたタイプは洋服を長持ちさせてくれるので、私はワイシャツ、ジャケット、セーター、コート用に木製のハンガーを使っている。ハンガーは無印良品の木製タイプ - M…

『ミニマル思考』がなぜ有利なのか

全体を把握するのか。本質を把握するのか。ミニマリストが優先するのは後者である。 全体を把握しようとするときに問題なのは、それに際限がないことだ。モノゴトにはさまざまな要素があるために、全体を構成する要素を網羅しようとすればするほど、そこにど…

シンプルライフへの第一歩は「やめること」だ

シンプルライフとは何か。それは、アナログであることだ。 呼吸に意識を向ける。ゆったりと考えられる時間を確保する。『自動化』よりも『手作業』を重視する。これらがまさにシンプルライフ。でも、テクノロジーが発達した今、完全にアナログだけの生活も不…

『月額サービス』はストレスになる

好きな本が10冊レンタルできる。10冊以内ならいつまでもレンタルできる。10冊を超えるときは一冊手放す。借りられる本は、雑誌でもビジネス書でも漫画でも。本屋までいかずに、ネットでダウンロード。家のソファで好きなだけ楽しめる。その料金は月額980円だ…

「Amazonで買うモノ」と「リアル店舗で買うモノ」

AmazonにあるものはなるべくAmazonで買うようにしている。 特に消耗品がタイムリーに手に入るのがうれしい。お店まで足を運ばなくていいし、買いだめをする必要もない。 そんな私がリアルの店舗で買う消耗品に、ウェットティッシュがある。主にヨガマットの…

アンインストールしたアプリの清算をしよう

この方法はPCのiTunesから行うことができる。 iPhoneからアンインストールしたアプリは、『購入済み』アプリとしてiPhoneの内部に残る。再インストールしたくなったときは、過去をさかのぼれるこの機能が便利である。しかし、これがあまりにも多く膨れてしま…

ブランドロゴは見えないところにあるべきだ

パタゴニアが好きだ。環境に配慮する企業理念が好きだ。製品は高品質で長持ちするし、機能美を感じるデザインもかっこいい。 パタゴニアの3ウェイで使えるアウターを愛用している。暖かいし、丈の長さも気にっているし、デザインもクール。99%満足だ。でも…

ミニマリストが忘れてはいけない『紙の書籍』のメリット

ミニマリストが買う書籍はKindleがメイン。 ただし、Kindleで読むよりも、紙の書籍のほうが本の内容が頭に入りやすい。情報だけ知りたいならKindle。重要な本は紙の書籍で持つというのが賢い選択だ。 ミニマリズムというのは、何もかもゼロにすることではな…

持ち物が少ない≠ミニマリスト

ミニマリストという言葉は、「持ち物が少ない人」という意味で広まった。でも私は、持ち物が少ない人の全員がミニマリストだとは思わない。 ミニマリストの定義のひとつに『ミニマリズム、ミニマルアートの芸術家』というのがある。これを一般的に解釈して、…

物欲はミニマリズムによって満たされる

「物欲があるからミニマリストになれない」 なんて言う人をたまに見かけるが、そんなことはない。ミニマリズムは、無欲の生活を目指すものではない。むしろ、欲を満たす選択肢がたくさんあるなかで、その欲をミニマリズムで満たすといったところだろうか。 …

ミニマリストのブログデザインは細部にこだわる

God is in the details.(神は細部に宿る) ミニマリズムとは装飾を最小限にし、引き算の美学を追求すること。ブログデザインは要素を最小限にするだけで、ある程度の美しさが表現できる。 「神は細部に宿る」というミース・ファン・デル・ローエが好んで使…

ミニマリストのブログデザインは要素を最小限にする

持ち物の記録や、思考のアウトプットツールとして活用している私のブログ。デザインは勉強したことがないが、ミニマリストのブログなので、そのデザインにおいてもミニマリズムを追求している。今回は必要最低限の要素について。素人が頭を悩ませてミニマル…

テキストリンクがかっこいい

私のブログ記事のリンクは、テキストリンクだ。 昔ながらのテキストリンクに、かっこよさを感じる。サムネイルやブックマーク付きでリンクを貼れる『ブログカード』も流行っているが、魅力を感じない。アレもコレもと盛りだくさんだからだ。 記事を紹介した…

持ち物を減らしたあとは『カメラロールゼロ』にチャレンジしよう

iPhoneのカメラロールは、定期的にゼロにすることをおすすめしている。 ミニマリストはすべてを『決断済み』にしている人。未決断の状態から、必要、不必要の判断をして、最適な状態を作っている。英語でいえば『Done』と呼べる状態だ。だからセール情報にも…

ドミニック・ローホーに学ぶ簡潔な文章の美しさ

遅ればせながら、ドミニック・ローホー氏の本をはじめて読んだ。Kindleでダウンロードできる「限りなく少なく」豊かに生きるだ。持ち物を減らすブームの中で、取り上げられることが多い彼女。フランスの作家で、持ち物を減らす生活や、シンプルで豊かな暮ら…

断捨離の創始者が『ミニマリスト』に対して思っていること

ついに、断捨離の創始者のやましたひでこさんが『ミニマリスト』について発言した。最小でも最大でもなく「最適」な量と関係で ~ダンシャリアンがミニマリストと違う理由(やましたひでこ) - 個人 - Yahoo!ニュース モノを、主義として、退け排除していく姿…

出張の荷造りがあっという間に終わるミニマリスト

持ち物のミニマリストが便利だと思う瞬間は、出張の荷物をまとめるときだ。まず、少ない荷物は簡単に一望できる。見落としがないので、忘れ物がない。必要な荷物を取り出して、出張が終わったらまた戻すだけ。 そして、私は同じモノを複数持つのが好きなので…

自分の暮らしのUIは自分で決める

UIの設計が良くないウェブサイトを使うときと同じように、私たちの生活におけるUIが良くないと、ストレスになったり、イライラしたりする可能性が高くなります。ただし、自分の生活のインターフェイスなので、自分で再設計することができる、というわけです…

『ミニマリスト』よりも『ダウンシフター』のほうがしっくりくる

違和感の理由がやっとわかった。 「節約系ミニマリスト」という言葉に感じていた違和感。ミニマリズムは、お金とは直接関係ないと思うのだが、なんで経済的合理性の話ばかりするんだろう。持ち物が少ないのはわかるけど、なぜ持ち物そのものにミニマリズムを…

ミニマリストになっても幸せになんかなれない

「ミニマリストになると幸せになる」とか「性格が良くなる」とかはウソだ。 ミニマリズムはその人の価値観や美意識であって、決して高尚なライフスタイルではない。ミニマリストの中でも、イイ奴もいれば、イヤな奴もいる。幸せな人もいれば、そうでない人も…

夜に焼き魚定食が食べたくなったら『銀座』または『渋谷』に行こう

やった。渋谷にもあるぞ。 以前に『銀座で焼き魚定食が食べられるお店』として越後屋八十吉を紹介した。その系列店、『越後屋三太夫』を渋谷で発見。夜に焼き魚を定食で食べられるお店は少ないので、渋谷で見つけたことは心からうれしい。 お刺身の魚が食べ…

ブラッシングをする精神的メリット

「ブラッシングの効用」を調べてみたが、狙った答えが出てこない。 写真の一番左は洋服ブラシ。洋服ブラシを使う代表的な理由は、服を長持ちさせるため。ホコリがついたままだと繊維が目詰まりして、消耗が早くなるのだ。ブラッシングをしながら繊維を整える…

「生きている」ミニマリストと「死んでいる」ミニマリスト

モロッコ生まれの料理家、パトリス・ジュリアンが書いた『ライフレシピ』を読んだ。 人生に喜びを感じられるようになるためのカギは、チョイス(選択)することにある。いまいる場所、いまあるものは、すべて自分の過去の”チョイス”の結果だし、全部が”自分…

スティーブ・ジョブズとミニマリズム

禅、ディラン、LSD。 これらはどれもスティーブ・ジョブズが若かりし頃にハマったもの。そして、この3つがスティーブ・ジョブズという人物をうまく表している。禅からくるミニマリズムの美意識を持ち、ボブ・ディランのようにアーティスト性があり、LSDのよ…

Kindle本だって処分の対象だ

すでに読み終わった本は基本的に処分する毒を出す部屋 ためる部屋 半年ほど前にkindle本の整理をおこない、50冊以上あったデータを6冊まで減らした。実物ではないデータだとしても、厳選して減らしていくとスッキリする。 「もっと勉強したい」「新しい知識…

白シャツだけでも豊かな気持ちになれる

ボタンダウンのオックスフォードシャツを6枚持っている。無印良品とブルックスブラザースの2ブランドだ。同じモノがそれぞれ3枚ずつ。 一時期、3枚だけのワイシャツで暮らしてみたが、洗濯が追いつかないこともあって断念した。それでも、2つのブランドでカ…

『Less is more』という言葉を背負う覚悟はあるか?

Pavelleó Mies van del Rohe / yisris Less is more. ミニマリスト界隈でよく目にするこの言葉は、建築家『ミース・ファン・デル・ローエ』が好んで使ったことで有名だ。上の写真の建築物は、彼がデザインしたバルセロナ・パビリオン。最小限の柱と壁が作り…

そろそろ断捨離のルーツを知っておこう

断捨離をやっている人のほとんどが、沖ヨガ哲学を知らない。 やましたひでこさん。断捨離を提唱した彼女は、今では海外でもセミナーをするほどに活躍している。今では多くの人に『断捨離』という言葉が広まったが、実は断捨離は沖ヨガの哲学から発展したもの…

夜においしい焼き魚定食が食べたくなったらココ

魚よりもお肉のほうが好きだ。それでも、どうしても魚が食べたいときがある。 お刺身の魚が食べたいならお寿司屋さんに行けば解決するが、食べたい衝動が『焼き魚』で、しかもそれが夜ゴハンとなると大変だ。なぜなら、「おいしい焼き魚」のお店を検索すると…

ジーパンのメリットとデメリットを考えたら必要性を感じなくなった

ボトムス探求の旅がひと段落した。 紆余曲折したが、写真の通りネイビーとブルーのチノパンにした。両方ともタケオキクチで6,000円程度で購入。丈の長さが良い意味で短めで、スタイリッシュな印象。ビルケンの靴と合わせるといい感じ。 以前に「ジーパンは破…

ジーパンって破けやすくないですか?

5年ほど履いたジーパン。裾の部分が破けてきたので処分した。5年間履いてきたので、買い替えのタイミングとしては満足。ただ、休日しか着ないモノなので、実際に着た回数はそこまで多くない。もう少し長持ちするとうれしい。 ジーパンは裾の部分が破けること…

坂本龍一のビートのない曲『hibari』が圧倒的に美しい

リラックスしたいときに聴くのは、坂本龍一の『out of noise』というアルバムに入っている『hibari』という楽曲。疲れているときに部屋で聴いたり、リラックスしたい移動中に聴いたり、心を落ち着けるための聴くサプリメント。今回はこの圧倒的に静かで美し…

ミニマリストが湯シャンを試している理由を考えてみた

ミニマリストのブログやTwitterで取り上げられることが多い湯シャン。湯シャンとは、お湯だけでシャンプーをすることだ。市販のシャンプーを使わず、シャワーのお湯だけで髪を洗っていく。 「市販のシャンプーの成分は皮脂を落としすぎる」「市販のシャンプ…

ジャケパンの3つのメリット

ジャケットとボトムスをそれぞれ色違いで揃えるスタイルを『ジャケパンスタイル』と呼ぶ。カジュアルな印象になるので、会社によってはNGのところもあるようだ。でも、もしOKが出るのなら積極的にジャケパンスタイルを取り入れるのがオススメだ。 ───ジャケ…

10年後も着たいファッションを考える

ファッションの好みは移り変わる。 モノを処分していく過程で気づくことは、「捨てたいモノが古いモノとは限らない」ということ。まだまだ使えるのに、気に入っていないから捨てたい。そんな理由の処分品がほとんどを占める。つまり、人の好みは思っているよ…

持ち物の公開はコンテンツになる

日本で有名なミニマリストといえば高城剛氏。ずっと気になっていたが縁がなく、どんな人なのか全く知らなかった。そこで『LIFE PACKING - 未来を生きるためのモノと知恵』というKindle本を読んでみた。持ち物を淡々と公開する画期的なアイディアで、読み始め…

よく噛んで食べると得られる心理的なメリット

あなたは食べるときに何を考えているだろうか。 人は考えているとき、『今』ではなく『未来』か『過去』に思いを巡らせている。それは昨日あったイヤなこと、明日楽しみにしていることなど、さまざまである。 仏陀が見つけた法則にあてはめると『今』から離…

『シンプルライフ』『ミニマリスト』の意味を整理してみた

ミニマリストについて検索していると『シンプル』『ミニマル』『ミニマム』など色々な言葉が飛び交っている。あまりに乱雑なので少し交通整理してみたい。 まずは『シンプル』と『ミニマル』の違いである。 余計な付け加えがないのがシンプル 常識的な最小限…

ミニマリストは退屈じゃない

持ち物に最小限の美学を当てはめるミニマリスト。テレビも不必要なため持っていない。ミニマリストには娯楽がなくて楽しくないんじゃないか、と思う人もいるかもしれないが、私にも趣味がある。 趣味その1『ギター』学生時代はエレキギターを弾いていた。ア…

『いつか捨てるボックス』で架空のミニマリスト生活を送ってみよう

捨てたいのに捨てられない。 ムダを最大限にカットする『ミニマリスト』というライフスタイル。そんな生活を送ってみたい人も、いざ捨ててみようとするとうまくいかない場合が多いらしい。 そんなときにオススメの方法がある。段ボールで『いつか捨てるボッ…

テレビを観なくなって5年以上経った

5年前。ミニマリストという言葉も広まっていなかった頃、一方的に流れてくる情報に疑問を感じて、テレビを捨てた。 テレビはとてもおもしろい。その世界のプロの人が作っている番組なので、私たちを楽しませるために最大限の力が使われている。油断すると「…

スタバで頼むドリンクをいつも一緒にしている理由

メニューを固定すると、アレコレ悩むことがないので思考がミニマルになる。 人は選択を迷っているとき、「失敗したらどうしよう」「より良いモノを頼みたい」と心はドキドキしている。このドキドキは一種の緊張なので、なるべく避けたほうがいい。そこで、ス…

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack