Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

My New Haircut

ブログに髪型を載せるのは、坊主にしたとき以来だ。 坊主にして以降、実は髪の毛を伸ばしていて、2ヶ月前はウルフカットにしていた。そして今回はサイドとバックを激しく刈り上げた。親しみやすい表現をするならば「オトナのコボちゃん」といったところだろ…

カツカレーにイノベーションを

カツカレーにはイノベーションが必要だ。そのイノベーションとは何も難しいことではない。カツを一口サイズに切るだけのことである。 最初にカツカレーを考えた人には敬意を払いたい。カツカレーが世になかった時代、それはもう衝撃的なデビューだったに違い…

住民税が安い

普段はほとんどチェックしない郵便受けを、この1週間ほど毎日確認していた。それは、誰かからの手紙を待っていたわけではないし、Amazonで注文したメール便を待っていたわけでもない。 そう、僕が待っていたのは住民税の通知書だ。 昨年はサラリーマンを辞め…

文章のリクエストに応えなくてはならない

丸山さん、もっと文章を書いてください。 最近よく言われるセリフがコレである。ここのところ音声配信なるものに味をしめて、ラジオ風にコンテンツを吐き出していたのは事実だ。文章を書くよりも簡単に配信できるし、文章にするまでもない些細なことも音声な…

松浦弥太郎のレシート術

松浦弥太郎の背中は遠い。 松浦弥太郎は日本でもっとも丁寧な男である。もしテレビチャンピオンで『丁寧王』があったなら、間違いなく優勝は彼であろう。おそらく出演する前の日は21時に消灯し、朝5時くらいに起きて軽くジョギングで汗を流す。入り時間の2時…

Malzackのピーター化

まずいことが起きている。 これまでMalzackというハンドルネームで活動してきたが、実名を出し始めてから混乱してきてしまった。結局のところ、僕は何と呼ばれようとしているのか。Malzackなのか、丸山和訓なのか。 実名を出したのは、会社員をやめて調子に…

ハードウォッチャーと夢の共演

クレイジージャーニーで最も好きな回が、「ハードウォッチャー日村」という総集編だ。番組の熱心なファンである日村勇紀が、気になる部分を取り上げるという回なのだが、「えっ、そんなところ気になるの?確かに言われてみるとおもしろい」という発見があっ…

あなたの耳におじゃまします

音声配信、はじめました。 このブログが開設したのは、2014年7月14日だ。もうまもなく4歳になる。おもえば遠くまで来たもんだ。 さて、まるで自分の子供のように愛着のあるMalzack Blogに、次男が誕生したのでお知らせしておく。命名「Malzack Radio」。兄貴…

郵便局との格闘

ひとつ前に書いたEarPodsを買い戻した記事には、ちょっとしたエピソードがあって。 EarPodsを余分に持っている人は多いはず。そう思ってTwitterの友人に聞いて回った。わざわざ買うのももったいないし。ところがTwitterの友人は、揃いも揃ってミニマリストな…

印鑑登録にまつわる話

印鑑登録証明書をとるために役所にきた。姉が引っ越すことになったので、連帯保証人になるのだ。 杉並区に引っ越してからもう少しで一年が経つ。でも実印の登録はまだ済ませていなかった。以前の住所の印鑑登録は移転すると自動的に抹消されるらしい。だから…

卵の愛好家

世の中には卵の愛好家が多くいる。 卵の愛好家は、丼でもピザでも、最後にトッピングとして卵が乗るとテンションがあがる。僕もそのうちのひとりである。おでんの具でも、卵は必ずおさえておきたい。卵がないおでんなんて高見沢のいないALFEEみたいなもんだ…

カミクボさん

「仲介っていうのは困っている人の味方になる仕事だよ」 そう教えてくれたのはカミクボさんだ。不動産業で働いていたときの先輩だ。先輩といっても20歳以上も年上。正直いって、出世には向かない人だった。 会社の利益になるように動く。それが民主主義のあ…

反撃

春になると“反撃”の二文字が頭にうかぶ。 今年の冬は寒かった。気温も例年より低かったように思うし、部屋のカーテンをやめて目隠しシートにしたのも影響した。部屋全体の温度があがりにくく、暖房効率が悪かった。分厚い掛け布団を処分してしまったのもよく…

モノ選びのルール

20代はお金を使って、欲しいものを買ったり自己投資をしよう。 少ないモノで暮らすライフスタイルを公開しておいてなんだが、20代でミニマリストを名乗る人を見ると、「おいおい、大丈夫かー」と心配になる。 世の中にはお金の使い方がわからない人がいる。…

確定申告に感じる人間らしさ

かつてはタスク管理オタクだった。 GTDというストイックな手法を取り入れ、OmniFocusという高額なアプリを導入していた。しかもそれをブログにアップして、タスク管理とはなんぞやと生意気に語っていた。 ところが、会社員を辞めてからというもの、僕のタス…

メメント・モリ

僕は、死ぬのが怖い。 自分はいずれ死ぬ。それを知った幼少の頃から、僕はずっと死ぬのが怖くてたまらない。比べたことはないが、そのやり場のない苦しみは他の人よりも深いほうなのかもしれない。子供の頃はよく夜中に目が覚めて、頭をかきむしるほどだった…

ライフワークの見つけ方

Twitterで流れてくるタイムラインを見ていると、世の中のテーマが見える。 最近のテーマは、働き方だ。誰もが働き方に疑問を持っている。 ブラック企業を叩くTweetはよく拡散される。いわゆるパワハラや人間関係のいざこざだ。「それはひどい」「その気持ち…

歩行禅とホ・オポノポノ

最近は移動中に音楽を聴くのをやめた。 その代わりに何をしているのかというと、塩沼亮潤さんが提唱している“歩行禅”を行なっている。塩沼さんは『クレイジージャーニー』にも出てきたお坊さんで、知っている人も多いだろう。そう、千日回峰行と四無行を達成…

ハンドルネームの作り方

まなみーご@manamiiigoと中目黒で飲んだ。 彼女は僕が開いた記念すべき最初のオフ会で、当然のように遅刻してきた人物だ。口調は謝っていたがそれほど悪びれる感じもなく席に着き、フックのきいたトークを繰り出した。遅刻とその切れ味の良さに、松本人志の…

宣言はダイヤモンド

「沈黙は金」と言われるが、そうとは限らない。発言しなければ、伝わらないときだってあるのだ。 不評だった坊主から一転、髪を伸ばしている。それはブログでも公言していたし、オフで出会う人にも同じように宣言していた。 そうしたら、誕生日プレゼントに…

西田ひかる、和田アキ子、Malzack

本来、誕生日とは周りの人が祝ってくれるもので、自分から「祝ってー」と言うものではない。 だから、芸能人の誕生日パーティーにはいつも首を傾げていた。盛大に開かれるセルフプロディースの誕生会。西田ひかる、和田アキ子が有名だ。おそらく、招待される…

女子高生っぽい海原雄山

アニメ『美味しんぼ』を観ていて、学生時代を思い出した。 10代の頃の恋愛は不器用極まりない。お互いまだ子供だから、わがまま合戦になる。相手がどれだけ自分を大事にしてくれているかを何度もテストしないと、不安でしょうがないのだ。実際に友達同士のカ…

Malzackはマッチョなのか

もっとマッチョだと思っていました。 お客さんからそう言われた。写真ではもう少し肩幅のしっかりとした人物のように見えるようだ。 ここで改めて言っておく。僕は痩せている。それはもうハッキリと痩せている。マッチョではなく、細っちょだ。 あまり全身写…

コロッケは塩で食べるにかぎる

ひとつ謝らなければならないことがある。 過去に僕は塩派を非難する記事を書いた。なんでも塩で食べる人を「気取っている」とバカにしてきたのだ。 タレ派の逆襲 たこ焼きに塩 僕が住んでいる西荻窪には、星の浜食堂という沖縄料理屋さんがある。ソーキそば…

僕の中のクレイジー

僕が脱サラしたのは、『クレイジージャーニー』を観たのがきっかけかもしれない。「好きなことをやればなんとかなる」と僕に教えてくれた番組だ。 このテレビ番組では、自分の好きなことに熱狂的に取り組んでいる人が紹介される。その様はクレイジーとも言え…

砂漠の中のカズノコ

「アイツの良いところを見つけるなんて、"砂漠の中でカズノコ一粒を探すくらい"難しいよ」 これはかつての同僚が放ったパンチラインだ。かれこれ8年前だっただろうか。一癖も二癖もある上司がいて、「悪口ばっかりもよくないから良い部分も探す努力をしよう…

トーストは月まで届くか

ご存知でしたか?紙を43回折ると月まで届くって。 紙の厚さは約0.1mm。1枚の紙は折るたびに倍々になっていき、26回折ると地球一周分もの厚みになる。さらに折る回数を増やし43回までになると、地球から38万kmも離れている月に届くのだ。 現実的には43回折る…

充実した休日の過ごし方

休日なんてなくてもいい。僕は施術をすればするほど元気が出るからだ。しかし残念ながら施術の依頼がなく、なくなく休日になってしまう不人気デーもある。そんな日もダラダラと過ごしていてはもったいない。休日だってやることがたくさんあるのだ。 まずは溜…

痩せすぎ対策

腹が減って腹が減ってしょうがない。 先日ミートソースパスタの専門店に行ったときもそうだ。どうにも腹が満たされない気がして、その足でマクドナルドに駆け込んだ。注文したのは、ダブルチーズバーガーセット。フライドポテトとコーラ付きだ。 僕が健康診…

山岡士郎とカイジ

「いいでしょう。びっくりするモノをお出ししましょう。ただし、勝負は1週間後です。」 こうやって『美味しんぼ』の山岡士郎はすぐに勝負をしかける。仕事をさぼって競馬をしているくらいだから、根っからの勝負師なんだろう。 その勝負師としての資質に、僕…

malzackblog@gmail.com
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack