Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

fountainpen

エコよりも数百円の贅沢

贅沢にかかる費用はいくらか。内容にもよるが、500円でも贅沢はできる。 作業というよりもひとつの楽しみとなっている万年筆の水洗い。そのために必要な道具は、水を入れる容器だ。サプリメントの空き瓶を利用したこともあったが、現在つかっているのは無印…

万年筆とインクのラインをそろえる

「ラインでそろえる」というと化粧品のようだが、このたび万年筆とインクのラインをそろえてみた。 今まで使っていたインクはウォーターマンのミステリアスブルー。いわゆる紺色のインクだ。芳醇なインクフローでヌラヌラと書けるのがお気に入りで、約2年間…

万年筆はインク補充が楽しい

「万年筆はランニングのコストが安い」と言われる。 確かにインク交換の費用だけ考えると、万年筆のランニングコストは安い。でも、万年筆はその本体が総じて高価である。僕が持っている万年筆はネットで買っても一本20000円。100円のボールペンが200本買え…

書けば書くほど体が疲れるなら『万年筆』がオススメ

万年筆は力を入れなくても書けるのが長所。ペン先をスッと紙に下ろすだけでインクが出るので、スラスラと気持ちよく書ける。 ボールペンやシャーペンは、紙にしっかりと筆圧をかけていく筆記具だ。だから手が疲れる。手、腕・肩・首にも力が入る。手書きの履…

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack