Malzack Blog

— 丸山和訓のブログ —

対処療法と原因療法

西洋医学はそこまで悪者ではないと思う。 西洋医学も得意な分野がある。たとえば感染症だ。それまで治らなかった病気が、薬の登場によって激減したのだ。やはり緊急時の命を救うのは西洋医学である。世間的には対処療法の部類に入るのだろうが、ときに原因療…

食生活で治せないもの

You are what you eat. 「あなたは食べたものでできている」という言葉がある。人が不健康になったときに、まず疑うのが食生活である。そして、まず改善を試みるのが一定の食べ物を摂り続けるという行動だ。 僕は以前に健康食品を取り扱う仕事をしていた。そ…

脳の可塑性と自然治癒力

自然治癒力の偉大さを説明するのに、脳の可塑性(かそせい)の話をよくする。 たとえば左の脳の血管に障害が起きて、右半身が動かなくなってしまう人がいる。脳細胞は死んでしまうと元に戻らない。だから、その障害と一生付き合っていかなければならない。 …

不調の原因の探し方

病名よりも場所に注目する。そんな記事を書いた。 病名よりもトラブルの出ている場所に注目 痛みや違和感はカラダからのサインである。だからその場所に注目するのはすごく大事だ。ただ、カラダはプラモデルのように部分と部分で成り立っているのではない。…

病名よりもトラブルの出ている場所に注目

僕が学んできたタッチセラピーもクレニオセイクラルセラピーも、オステオパシーと呼ばれる治療法から派生したものだ。つまり源流はオステオパシーである。 オステオパシーの創始者であるスティル博士は医師だった。それまでの医学に疑問を感じ、自然治癒力を…

肉体と頭脳のバランス

僕が知るかぎり、最高のフィットネスとはヨガである。 ヨガは運動であり、瞑想である。筋骨格のバランスをリセットし、その状態で深いリラクゼーションを味わう。心身をひとつにすることを目的とするフィットネスだ。 なにごともバランスが大事だ。たとえば…

ゆがみの歴史

人間には神秘的な自己調整機能がある。 たとえば右の足首を捻挫したとする。数日経つと腫れも引き、しばらく引きずって歩いていると、次第に気にならないようになる。 西洋医学的には快復と呼べる状態でも、実際にはゆがみが残っている場合がある。それは単…

あなたの時計のなかにある水晶

水晶にはスピリチュアルなイメージがつきまとう。占いで使われたり、手を触れずに心身を調整するワークでも使われたりするからだ。 水晶には周囲のエネルギーを収束して、レーザービームのように増幅する科学的な力がある。オステオパシー医として名高いロバ…

肩コリになりにくい頭の使い方

前回の記事で、疲れにくいカラダの使い方を紹介した。立ち仕事の人には特に役立つし、デスクワークの人も行き帰りの電車の中で意識してみてほしい。 しかし最近の人々の疲れは、全身疲労というより頭の局所的疲労といえる。PCを使う時間が圧倒的に増えたし、…

疲れにくいカラダの使い方

ソマティック心理学という分野がある。 「ココロとカラダは連携している」「意識を変えればカラダも変わる」という、心身統合の考え方だ。 脱力して立ちましょう。そう言われても、どう力を抜いたら良いのかわからない人がほとんど。毎日が緊張の繰り返しで…

頭痛について思うこと

慢性頭痛には2種類ある。頭の内側(目の奥のあたり)が痛いか、外側(側頭部)が痛いか、の2つだ。 頭の内側が痛いときは、こめかみの蝶形骨にトラブルがあることが多い。頭の外側が痛いときは、首にトラブルがあることが多い。 クレニオ・セイクラル・セラ…

漢方よりもさらに自然で効果のある薬

オステオパシーの創始者であるスティル博士は、「脳は神の薬局である」と表現した。 脳には、体液、神経、栄養、ホルモンなど、人間が健康を維持するためのすべてのものが備わっている。だから不調を解決するために、わざわざ外側に答えを探す必要はない。人…

Spiritのカジュアルな和訳を考える回

「Body、Mind、Spirit」という解釈は、人間をひとつの全体としてとらえる上で重要な考えだと思う。 カラダが健全なだけでは人間は満たされない。たとえば、ストレスによって感情や精神が乱れてしまっては、いくらカラダに不具合がなくても幸福とはいえない。…

健康とは大雪を楽しめること

東京は昨日、4年振りの大雪になった。 一駅離れたところで仕事があって、帰りは夜になった。あたりは吹雪で四方八方に白い雪が吹き荒れている。駅のホームの屋根が機能しない。屋根を無視して横から顔めがけて雪がぶつかってくる。 しかしイヤな感じはしない…

波動とは周波数である

波動。この言葉はスピリチュアル界隈でよく使われ、その響きはいかにもスピリチュアルである。 "波動"と聞くと脊髄反射で「怪しい」と感じる人も多いと思うが安心してほしい。何についても二言目には「波動」と言う人には、僕も首を傾げている身だ。「波動波…

カラダの機能不全から引き起こる『抑うつ』

ココロはカラダに影響する。しかし、その逆も然りだ。 カラダに起きた機能不全が、ココロの病に発展することもある。そのひとつの例が『抑うつ』だ。頭蓋仙骨の機能不全を整えるクレニオセイクラルセラピーは、抑うつに一定の効果がみられる。 頭蓋仙骨セラ…

カラダを我が子のように扱うこと

初回のお客さんには、必ず事前説明をする。カラダのどの層にアプローチする施術なのか、僕が考える自然治癒力とは何か、などである。 ただし、半分くらいの方は説明を上の空で聞いている。僕の説明がおもしろくないのは申し訳ないが、それにしても切ない。「…

「クレニオ」という呼び方と「何もしない」スキル

頭蓋骨は英語でCranio。発音は口語で書くと「クレイニオ」がもっとも近いだろう。 頭蓋骨にアプローチするボディワークはいくつもあって、ほとんどの場合「クラニオ」という単語が使われる。 しかし、僕は「クレニオ」と呼ぶ。それは、正式に学んだのがジョ…

解剖学からエネルギー医学まで

紙の書籍は読まずにKindle本だけ。読者の方の中には、僕のことをそんな風に誤解している人がいる。 「いや、紙の本も持ってますよー」なんて言うと、「どんな本を持っているんですか?」と必ず質問が返ってくる。その度に僕は言葉に詰まる。 どうしよう。素…

キャリアヒーリング

これは気のせいなのだが、僕の施術を受けた後に、新しいことにチャレンジする人が多い。 新しいチャレンジとは具体的には職業、つまりキャリアに関することだ。転職に動き出す人もいれば、現在のキャリアを考え直す人もいるし、資格試験をはじめる人もいる。…

健全さに触れる

“Seek The Health. Anyone Can Find Disease” 健全を探しなさい。病気は誰にでも見つけられます。 A.T. スティル この言葉の意味がようやくわかってきた。 やさしく触れるだけでカラダがゆるむ。この原理に気づいたのは3年くらい前だったか。それからは触診…

グーチョキパー理論

前職でロールプレイングコンテストなるものを運営していた。接客販売の技術をロールプレイ方式で順位づけする、なんとも「上から目線」のイベントだ。僕は運営する側なので気楽なもんだったが、やらされる販売員側の緊張は計り知れない。命じられた仕事とは…

—新着記事を受け取る—
プライバシーポリシー
© 2014 - 2018 Malzack