Malzack Blog

Malzackの書くブログ

マンバン計画

過去最高に髪が長い。どのくらい長いかというと、前髪はアゴまで伸び、もうすぐ顔面のフィールドを超える勢いだ。 なぜ髪を伸ばしているのかというと、サラリーマンをやめたからである。ずっと水面下で活動を続けてきたセラピストの道をメインにしたのだ。 …

ブログの一時休止とカウンセリング募集のお知らせ

減らす技術は世界的人気ブログ『Zen Habits』を運営するレオ・バボータ氏が書いた良書だ。 うろ覚えなので正確ではないが、著者はブログがブレイクした後に『Write to done』というライティングに特化したブログを開設し、そちらも大成功をおさめたようだ。 …

薄暗い照明が好きだからクリップライト

明るすぎると調子が狂う。太陽の明かりは大好きでいつまでも浴びていたいくらいなのだが、夜のコンビニに入って強い蛍光灯の光を浴びると、体内時計がおかしくなるのを感じる。 無印良品のクリップライトが僕の暮らしのメイン照明だ。カーテンを使わずに目隠…

バッグの中身を軽くするボディケア

「持ち歩くモノを少なくしています」 しかし、同じことを言っていても、主義主張が違うので注意しなくてはならない。 まずは、アンチコーシューマリズム。消費社会への反抗だ。ブランドロゴに魅力を感じないし、ひたすらに消費する今の世の中は間違っている…

玄関に人工芝というアイデア

つい最近、近所に引っ越した。 住まいを変えるとテンションがあがる。どうやったらミニマルで魅力的な部屋になるか。骨組みからの再設計だ。 インテリアの差し色はグリーンに決めた。観葉植物も買ったし、殺伐としたイメージではなく温かみを感じる部屋にし…

Malzack Blogが3歳になりました

ミニマリスト本の購入者の9割が女性。そして、その中でも主婦層が圧倒的に多い。 このデータを教わったのは、とある出版社の方。実は、僕もミニマリストブームの大波に乗っかり出版のオファーをいただいたことがあった。打診のあと企画書を提出し、無事に企…

ミニマリストの部屋には観葉植物をおこう

全身真っ黒のファッションに、真っ赤な差し色のアクセサリーはよく映える。何かを引き立てるために、それ以外を極端なほどに引き算するのがミニマリズムだ。 ミニマリストの部屋は殺風景すぎる。まるで不動産屋と行く物件見学のような部屋。毎日そんな空間に…

カーテンに代わるブラインド風の目隠しシート

カーテンが嫌いだ。 結露で濡れるし、汚れるし、なにより閉塞感がある。そこで、ブラインド風の目隠しシートを試してみることにした。 ブラインド柄のシートを水で貼り付ける代物だ。目隠しにはなるが、遮光性は圧倒的に低い。直射日光までいかないが、やわ…

ブログのURLですべてを表現したい

「どうして、www.malzack.com じゃないんですか?」と聞かれたことがある。 ブログのURLは「blog.malzack.com」にしている。このURLにした理由は、URLでブログそのものを表せるからだ。「www.malzack.com」を選ぶこともできたが、それだと「ウェブサイト」と…

夏こそ足首ウォーマー

なにごとも、滞りなく循環しているほうがいい。血もリンパも代謝も、キレイに循環していることが健康の要だ。 植物にとって、夏は成長の季節である。冬場よりも水を吸収しやすく、そして発散しやすい。それは、人間にとっても同じことがいえる。暑くて水を多…

Wi-Fi接続の不安定とココロの安定

MacBook ProのWi-Fi接続が不安定だった。iPhoneとiPad Proは同じ回線で正常に動いているので、MacBook Proの設定の問題だ。 結論から言うと、Bluetoothをオフにしたら回復した。なんともあっけない方法でうまくいった。ネットで調べると複雑な解決策がいくつ…

自分だけのノートのつくりかた

他人の生活を覗き見するのは楽しい。「他人の秘密を知りたい」わけではなく、「なるほど、そういう考え方や方法があるんだ」と単純に参考になるからだ。 このブログで学んだことは「持ち物を公開するだけでコンテンツになる」ということだ。持ち物公開だけで…

『ウィークエンドページ』のススメ

自分のやりたいことがわからない。そういう人にオススメなのが、モーニングページだ。 モーニングページとは、書籍「ずっとやりたかったことを、やりなさい」で提唱されている自己発見の方法である。毎朝3ページにわたって、自分の感情を書き連ねていく。 洋…

U理論は坐禅瞑想に近い

「どんな本を読んだらいいですか?」と質問をされたときに思いつくアドバイスは、「海外の著者がいい」というのと「高価な本がいい」という2つだ。 海外の情報や研究は日本よりもだいぶ進んでいる。そして、海外で流行った考えが、その後日本で流行ることが…

鎌倉で感じる平日休みのメリットとデメリット

人気スポットは土曜日も日曜日も混んでいて、待ち時間だけで疲れてしまう。その点では、平日休みのほうが混雑が少なくてうれしい。 鎌倉が好きだ。暮らしている人はのんびりしている人が多く、その雰囲気が街中に滲み出ていて、ただ散歩をしているだけで癒さ…

ブログライティングに必要な2W

5W1Hという言葉がある。 誰もが聞いたことがある有名な考え方だが、使いこなせている人は稀だ。それは要素が多すぎるから。HがHowであることは瞬時に思い出せるが、5Wを思い出すには時間がかかる。たいていの場合、「Who、Why、それからえーと、、」と指を折…

湯シャンを成功させる3つのコツ

正式名称は「湯シャン」ではない。「シャンプーをやめると、髪が増える」には、「水洗髪」と書かれている。40度ほどのお湯ではなく、34〜35度のぬるま湯が適しているらしい。 名称の違いはさておき、市販のシャンプーを使わずお湯だけで髪を洗うことは、世間…

一人二役の充電器兼モバイルバッテリー

ニコラス・ケイジが好きだ。 2枚目役として起用されることも多い彼だが、個人的に好きなのはコミカルな役柄のときである。そういう展開で彼の『怪優』としての才能は最大限に発揮されると思っている。特に「アダプテーション」という映画はおもしろく、性格…

SDカードスロットが写真編集を高速化する

Mac

何度もムダな作業を繰り返していることに気づいたら、それは改善のチャンスだ。 ブログ用にGRⅡというカメラで写真を撮っている。iPhoneで撮るよりも随分と雰囲気がでるので、ブログの見栄えをよくしてくれている。 しかし、ブログを書くたびに繰り返される面…

女々しくない男性向けアイロン

大人のオトコが、夜な夜なアイロンをかけている姿は誰にも見られたくない。特に床にアイロン台を置いて正座になっている姿は、誰に見られるわけではないとしても、女々しいものだ。 いかにもオトコ向けのアイロンがある。パナソニックの衣類スチーマーは、ハ…

持ち物を減らしたいなら「貧乏入門」を何回も読むといい

持ち物を減らしたい。オススメの本は何ですか。 もし、このような質問をされたなら「貧乏入門」を迷いなく紹介する。シブヤ大学で行った「ミニマルで豊かな暮らし」の講演の冒頭でも、実際にこの本を引用したくらいだ。 持ち物の所有は、心のノイズになる。…

キーボードで選ぶMacBook Pro

より軽く。より薄く。テクノロジーにおいて、この2つの競争は熾烈である。しかし、その追求は過剰になりつつあるのかもしれない。 昔のノートPCは分厚いし重かった。だから、軽量化が進むことはユーザーの満足度に直結した。でもそれは過去のこと。最近のノ…

Facebookページをつくってみた

Facebookをずいぶん前にやめた。「最近、いいね!をくれなくなったね」という友人のセリフをきっかけに、ネット上の社交辞令を断ち切ることにしたのだ。 個人アカウントの「Facebook」と、「Facebookページ」は役割がずいぶんと違う。「Facebook」がリアルの…

デビットカードで精神的に得をしよう

今もらえる100万円と、1年後にもらえる100万円。どちらを選ぶのが得だろうか。 この答えはカンタン。「今もらえる100万円」が正解だ。100万円を銀行に預けておけば、1年後にわずかながら利息がつくからだ。だから、もらえる現金は早いほうが得。反対に、支払…

バッグの中にしまうための折り畳み傘ケース

折り畳み傘のケースには、オリガサホルダーを使ってきた。オリガサホルダーのメリットは、スナップボタンが付いていてバッグのストラップにパチッと留められること。しかし、肝心のスナップ部分の縫製がゆるくなったので処分した。 次は新しい方法を試してみ…

「SIWA」の書類ケースの使い道

和紙を反対から読むと「シワ」になる。 その名もSIWA(紙和)という紙製品のブランドをご存知だろうか。バッグやゴミ箱、書類ケースなどがリリースされている。和紙と聞くと、すぐに破けてしまうように感じるかもしれない。しかし、SIWAの製品は驚くほどに頑…

ジャケパンルックをやめた

暮らしのアイテムは、その人の生活の基盤によって決まる。カッチリとしたスーツを着る仕事の人と、私服が許されるクリエイターとでは、持ち物を選ぶ基準が大きく異なるのは言うまでもない。 割とカジュアルなスーツ姿でも許された仕事だったので、これまでは…

リラックス優先のスウェットパンツ

下着、ロンT、レギンス、手袋、ネックウォーマー。肌に触れるもののほとんどをicebreakerにしている。そして、今回新たに加わったのがスウェットパンツだ。今まで履いてきたチノパンからスウェパンに変えたのだ。帽子、靴下をicebreakerにすれば、肌に触れる…

インスタポンプでスニーカーライフをはじめた

ビルケンシュトック3足だけ。これが今までのトレードマークであった。指先が解放されるデザインは疲れにくく、通勤や仕事の移動を助けてくれるし、プライベートでも冠婚葬祭でも対応できる。このオンオフ兼用の使い方がお気に入りであった。 しかし、毎日ス…

0.9倍速で動いて心をスローダウンさせよう

急いでいるとき、目の前を進路を阻むようにのんびり歩いている人がいると、うまく進めずにイライラしてしまう。 のんびりしている人は動きが遅いです。そして、その逆も正なり。動きを遅くすれば心をスローダウンさせることができます。心と身体はつながって…

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack