Malzack Blog

Malzackの書くブログ

10年振りに「ハイ・コンセプト」を読んだら当時とは違ったおもしろさがあった

書籍『ハイ・コンセプト』は予言の書だ。 出版されたのは2005年。今から10年以上前に書かれている内容だが、現在の情勢がピタリと当たっている。ジャンルはビジネス書だ、ビジネスマンでなくても楽しめる。 2005年に予言されたのは、情報時代の終幕。情報は…

洋服ブラシのある暮らし

「洋服ブラシはスーツ用」というのが常識なのかもしれないが、使えるのはスーツだけでない。 洋服ブラシの目的は、ホコリや汚れを取り除くこと。表面についているものだけでなく、繊維に絡みついたホコリも除去していく。洗濯の回数を極力減らすために、洋服…

ミニマリストの冬は暖かい

ミニマリストとは最小限主義者のこと。そのポリシーは持ち物にも反映されている。持ち物が少ないと「冬はとてつもなく寒いんじゃないか」と思う人もいるかもしれない。しかしながら持ち物が多かったときよりも、今のほうがだいぶ暖かく過ごせている。 その理…

Spotifyを睡眠用BGMにするときに有効なテクニック

iPhoneのタイマー機能は音を鳴らすだけじゃない。時間を指定して、音楽を停止させることができる。 この機能は『タイマー終了時』のサウンドを『再生停止』にすることで有効になる。 「こんな機能いつ使うの?」と思っていた人、もしくは「こんな機能あるの…

メイソンピアソンのブラシで高満足を追求する

メイソンピアソンのポケットブリッスルを使っている。 『ブラシ界のロールスロイス』と名高い、高品質ブラシだ。男性には一番小さいポケットサイズで十分だろう。黒色と朱色がエレガントな存在感を放っている。 赤系の持ち物は極力減らしている。ところが、…

Spotifyは予想外が楽しい

予想外が楽しい。 これはiPod shuffleが発売されたときのキャッチコピーだった。これと同じ感覚をSpotifyというアプリに感じている。 Spotify(スポティファイ)とは、音楽のストリーミング配信サービス。2016年現在、1億人を超えるユーザーをかかえる世界最…

暮らしの『気になること』を思い出す55個のトリガーリスト

『タスク管理』と聞くと、どうしてもビジネスをイメージする人が多いようだ。しかし、プライベートにこそタスク管理が必要だ。仕事は誰かと助け合いながら進めていくことができる反面、プライベートの時間は自己規律が大きなウェイトを占めるからだ。 暮らし…

ハンガーを使うと洋服のローテーションがしやすくなる

ハンガーの目的はなんだろうか。 それは型崩れしにくいようにするためだ。特に木製のしっかりしたタイプは洋服を長持ちさせてくれるので、ワイシャツ、ジャケット、セーター、コート用に木製のハンガーを使っている。ハンガーは無印良品の木製タイプ - Malza…

ライフログが続かない理由

ライフログが続かない。 結論から言うと、それは「つまらない」からだ。Twitterのつぶやき、毎回の食事、行動をGPSで辿った地図など、取得する情報を増やせば増やすほど、ガラクタ情報が増える。なにもかもを記録するのがライフログの基本だが、その理由がそ…

ミニマリストにぴったりのオックスフォードシャツ

持つべきものは、読者だ。 こうやってブログを書いていると読者の方から良い情報を教えていただけることがある。この度あたらしいシャツを買ったのだが、こちらは読者の方からメールで紹介されたブランド。 胸元にグリフィンのワンポイントがある『ジムフレ…

ミニマリストのiPhone(Safari)

インターネット中毒になってしまった。だから現在治療中である。 もともと携帯電話でのインターネットは不便なものだった。画面が小さく、ポイントカーソルを動かすのが自在でなかったからだ。それを解消したのがiPhoneである。いつでもどこでもPCと同様のサ…

暮らしを内側から支えてくれるメリノウール

すぐれたインナーは暮らしを内側から支えてくれる。 下着、レギンス、セーター、手袋、ネックウォーマーと、メリノウールの素材ばかりを身につけているのは、心地よい肌触りと、天然のエアコンとも言える快適さがあるからだ。冬は暖かく、それ以外のシーズン…

パーキンソンの法則をポジティブに活用するアイディア

こちらの記事でパーキンソンの法則に触れた。iPhoneの外装箱を捨てる理由 - Malzack Blog この法則によると、持ち物の数は収納できるスペースまで広がるので、収納したくなるような余分な箱はことごとく処分するとよいと書いた。もう一度ウィキペディアの情…

ミニマリストのiPhone(通知)

今日は何回もインターホンが鳴る。頼んでもない荷物がいくつも届く。頂き物はうれしいけど、急な訪問はちょっと困る。読書をしているのに、何回も中断させられているからだ。荷物を受け取って、座った瞬間にまたインターホンが鳴るから、今度は居留守を使う…

LINEに余暇の時間を乗っ取られていませんか?

無意識で行なっている作業に、多くの時間を費やしている場合がある。 例えば、重要でないメッセージの振り返り。これはLINEを使っている人に多い行動だ。メッセージを受け取ったついでに、なんとなく他の人とのトークを振り返ることはないだろうか。メッセー…

Inbox Zeroがスタンダードになっている

調べてみると、Gmailの歴史は2004年から始まっているようだ。そして、個人的なGmail歴は10年くらいになる。Gmailとは長い付き合いだ。ずいぶんと慣れてしまったので、キャリアメールやiCloudメールはどうも馴染めない。最近ではLINEのようなファストメッセー…

サイレントiPhoneのすすめ

iPhoneは震えないようにしている。バイブレーションが好きではないからだ。 バイブレーションは、周りに迷惑をかけずにポケットの中で通知を知らせてくれるものである。しかし、最近ではファストメッセージが流行しはじめた。早いだけで重みのないメッセージ…

ミニマリストのiPhone(キーボード)

快適であるということは、すなわちシンプルであることだ。 ところが、快適を求めようとすると、人はアレもコレもと揃えたがる。快適への本当の近道は、いらないものを削ぎ落とすことだ。これは、iPhoneのキーボードも同じこと。いろいろな機能がついているが…

ミニマリストのiPhone(Spotlight検索)

Spotlight検索を使っている人はいますか?使っていない人は、設定をオフにしていますか? Spotlight検索とは、iPhone内のデータを検索できるツールだ。ホーム画面からスワイプすると検索窓があらわれて、ここから写真やアプリ、電話帳などの情報を一括検索で…

ミニマリストのiPhone(壁紙)

引き算の美学を追求するのがミニマリスト。iPhoneの壁紙も究極のシンプルを求めていて、静寂を感じる真っ白い壁紙がお気に入り。 ロック画面は真っ白なのに対して、ホーム画面はややグレー。これはグレーを目指しているわけではなく、真っ白い背景を設定して…

ミニマリストのiPhone設定(デフォルトアプリ)

過去、iPhoneのデフォルトアプリは削除できないのが常識だった。しかし、アップルは『削除』ではなく『取り除く』という表現で、端末からデフォルトアプリの一部を消去することを認めてくれた。なお、一度消したデフォルトアプリはApp Storeで探すことで、い…

iPhoneの外装箱を捨てる理由

パーキンソンの法則をご存知だろうか。Wikipediaで調べると次のように書いてある。 第1法則仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する第2法則支出の額は、収入の額に達するまで膨張するパーキンソンの法則 - Wikipedia これは人間の…

iPhoneのイノベーションは終わった

iPhoneのイノベーションは終わった。 色やサイズのバリエーションも増え、まさに成熟期を迎えたという印象だ。細かな性能はまだまだ革新を続けているが、これまでの『iPhone』という型はひと段落だ。斬新なコンセプトがない限り「もうお腹いっぱい」という人…

『Done』の文字を見ると安心する

最近気に入っているApple Watchの文字盤はこちら。 その名も『特大』というタイプの文字盤。文字をコレでもかというくらい大きく見せてくれる。デフォルトは時刻だけの表示だが、コンプリケーションアプリをひとつだけ表示させることができる。選んでいるの…

デジタルにあるものを現実のモノで置き換える

最近のマイブームは『擬物化』である。英語では『Objectification』と呼ぶそうだ。 簡単に言うと、デジタルにあるものを現実のモノで置き換えるということだ。無機質なデジタルコンテンツが、このテクニックを使うことで馴染みのあるモノに感じられるように…

スーパープログラマーに学ぶミニマルライフ

「シンプルに考える」とはどういうことか。 書籍『最強シンプル思考術』はこんな問いかけで始まる。著者の職業はプログラマー。プログラマーというと細かいコードを操作するイメージがあるが、建築家が設計図を描くように、ものごとをシンプルに表現する『モ…

厚手のセーターのように暖かいレギンスが1万円

レギンスの立ち位置が低すぎる。 厚手のセーターが1万円。こう聞くとそれほど高い値段とは思わない。しかしこれが、「厚手のレギンスで1万円」となると高く感じる人が多いのではないだろうか。もっとレギンスにもお金をつかおう、と言いたい。 今年もicebrea…

スマホ依存症になっていないか定期的にチェックしよう

アルコール依存症よりも人口が多いのが、スマホ依存症の人ではなかろうか。スマホ依存症の厄介なところは、老若男女問わず、体質に関係なくかかってしまうことだ。 Kindleで読める2015年5月の週刊ダイヤモンドの特集BOOKSは、デジタルデトックスがテーマとな…

アウトプットはインプットよりも優れている

すべての人は貧乏性だ。だから何もかも抱え込みたくなる。そのクセは考えごとにも当てはまる。 人生を好転させる方法は、アウトプットの魅力に気づくことだ。『マインドハックス勉強法』でも書かれている通り、アウトプットはインプットよりも優れている。 …

量は質を凌駕する

ハウツーを知るために本を読む。 これも読書の仕方のひとつだが、著者のマインドを学ぶことも大事である。さまざまなハウツーの根幹には、その人のマインドが存在する。それを知らずに、ハウツーばかりを抜き出しても失敗するだけだ。反対に、ハウツーには共…

『スーツケースひとつ』はノマドライフの定義である

スーツケースひとつに荷物が収まるのがミニマリスト。そう言われることがあるが、それはノマドライフの定義に近い。 ミニマリストとは、ライフスタイルや考え方にミニマリズムを取り入れる人のことだ。荷物を限りなく少なくするよりも、最小限を目指すプロセ…

充電ケーブルの長さと仕様にこだわる

充電ケーブルの長さは20cmが理想。長すぎる充電ケーブルは見た目がスマートでない。反対に短すぎるケーブルもいけない。10cmの短いケーブルはコンパクトでいいのだが、短すぎて不便なシーンも出てくるのが正直なところ。 iPhoneユーザーにとって悩ましいのが…

『ミニマル思考』がなぜ有利なのか

全体を把握するのか。本質を把握するのか。ミニマリストが優先するのは後者である。 全体を把握しようとするときに問題なのは、それに際限がないことだ。モノゴトにはさまざまな要素があるために、全体を構成する要素を網羅しようとすればするほど、そこにど…

アウトプットの裏側はすべて見抜かれる

人はアウトプットしか見ないし、アウトプットの裏側にあるものを見抜く。アウトプットのスイッチ 人には、モノの背景までも感じ取れる能力を持っている。水野学さんの『アウトプットのスイッチ』でも書かれている例えが、アップル製品だ。そのミニマルなデザ…

2つ折りの名刺入れは機能的でない

名刺入れは英語でなんというのだろう。調べてみると『Card holder』や『Card case』と訳されるようです。 今回ギフトでいただいたのはイルブゾンテの『カードケース』だ。見た目は定期入れのようだが、『カードケース』ということは名刺入れで使ってもいいは…

悪い習慣は「断ち切る」のではなく「上書き」しよう

モノを捨てるより、悪い習慣を捨てることのほうが難しい。 書籍『スマート・チェンジ』では、ゴーシステムとストップシステムという2つの言葉で人間の習慣を表現している。ゴーシステムとは、何かを続ける習慣をサポートする働きのこと。例えば新しく買った…

シンプルライフへの第一歩は「やめること」だ

シンプルライフとは何か。それは、アナログであることだ。 呼吸に意識を向ける。ゆったりと考えられる時間を確保する。『自動化』よりも『手作業』を重視する。これらがまさにシンプルライフ。でも、テクノロジーが発達した今、完全にアナログだけの生活も不…

ビルケンシュトックのトートバッグは革靴専用で使おう

商品を買ったときのショッパーを執拗にとっておく人がいる。「何かのときに使えるかも」と、それはどんどんと積み重なっていく。ショップ側からの目線だと、その再利用してもらうことで、歩く広告となり、多くの人の周知されるチャンスになる。 ただし、消費…

Apple Watchはテクノロジー依存を脱却するデバイスだ

iPhoneは究極の寄り道デバイスだ。 本を読んでいた。そんなとき、LINEのメッセージ通知でiPhoneが震える。iPhoneを手に取る。LINEでメッセージを送る。すぐに既読になる。返信があるかと思い少し待ち構える。あれ、すぐに返信がこない。仕方ないからゲームを…

自己啓発本を読むのは恥ずかしくない

学生の頃から、自己啓発本に対する抵抗がなかった。 就職してからは、書籍の小売を担当していたことも重なって、多くの自己啓発本を読んだ。困ったときには書籍を読み、その内容は臆病だった性格を助けてくれた。 働くようになってから数年後。会社の上司が…

関連記事は手作業でリンクしよう

こちらの記事もおすすめです。というウソをつく人がいる。 ほとんどのブログ記事の一番下には、たくさんの関連記事が羅列されている。でもこれは、運営者が読者のためにとせっせと選んだものではない。プログラムが自動的に抽出したものだ。その結果、なかに…

ミニマリストだって『ストック』を持っていい

ジャスト・イン・タイム。 必要なものを、必要なときに、必要なだけ。これがジャスト・イン・タイムの仕組み。過剰な在庫を持たずに、在庫スペースや在庫コストを減らす方法だ。ミニマリストを目指す人の中には、この方法に似た考えで、ストックを極力少なく…

ブレスレットが必要かどうかを考えてみる

必要か、必要でないか。この基準で持ち物をジャッジする人が多い。 たとえば「シャンプーはいらない」とか「足ふきマットはいらない」とか。持ち物を減らすブームの中で「どこまで減らすことができるか」が主題になっている。 イルビゾンテのブレスレットを…

シブヤ大学で『ミニマルで豊かな暮らし』の授業をやりました

2010年から取り組んできた、持ち物を減らす生活。 シブヤ大学さんからオファーをいただき、9月17日に幡ヶ谷社会教育館にて授業をさせていただきました。これをきっかけに『減らすブーム』を頭の中で整理することができました。 終わったあとのアンケートを拝…

『モバイルフォン』よりも『モバイルノート』がかっこいい

モレスキンよりもロディア。色々と試した結果、それが出した答えだ。 そしてロディアの大きさはA6サイズに相当するNo.13に決定した。文庫本サイズは今まで手に取ってきた大きさなので、手に馴染みやすいのが特徴。これより小さいと、物足りない。 ボールペン…

指紋認証とパスコードロックをようやく導入した

正直に告白すると、今までパスコードロックを使っていなかった。 1日に何度もパスコードを解除するのは、時間のムダだと思っていたからだ。みなさん、頻繁にiPhoneを使うのに、面倒じゃないのかなと横目に見ていた。「誰にも見られたくない」というよりも「…

エコよりも数百円の贅沢

贅沢にかかる費用はいくらか。内容にもよるが、500円でも贅沢はできる。 作業というよりもひとつの楽しみとなっている万年筆の水洗い。そのために必要な道具は、水を入れる容器だ。サプリメントの空き瓶を利用したこともあったが、現在つかっているのは無印…

『月額サービス』はストレスになる

好きな本が10冊レンタルできる。10冊以内ならいつまでもレンタルできる。10冊を超えるときは一冊手放す。借りられる本は、雑誌でもビジネス書でも漫画でも。本屋までいかずに、ネットでダウンロード。家のソファで好きなだけ楽しめる。その料金は月額980円だ…

夏も冬もモノトーンファッションだ

色彩がどんどんなくなっていく。 ネイビーのチノパンをやめて、黒にした。これで僕のファッションの中で色彩があるのは、ネイビーの帽子くらいだろうか。 ずっとモノトーンファッションに憧れていて、今回やっと踏ん切りがついた。差し色のネイビーをこれま…

Googleに言葉を奪われてはいけない

情報の発信者は、元請けである。そして、Googleは下請けである。 Googleは全世界のデータを収集して、整理している。ジャンクな情報よりも有益な情報が上位されるように、アルゴリズムは常に進化していく。 僕たちはその恩恵を受けている。ほしい情報はGoogl…

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack