読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

スタバで頼むドリンクをいつも一緒にしている理由

MinimalLife

f:id:mlzk:20150620105956j:plain

メニューを固定すると、アレコレ悩むことがないので思考がミニマルになる。

人は選択を迷っているとき、「失敗したらどうしよう」「より良いモノを頼みたい」と心はドキドキしている。このドキドキは一種の緊張なので、なるべく避けたほうがいい。そこで、スタバではいつも同じものを頼むように一緒にしている。迷いがなければ緊張もない。

いつもまったく同じメニューでは物足りない、と感じる人もいるだろう。しかし、自分が大好きなスペシャルなカスタマイズがあれば、そんなことはない。

私のお気に入りのカスタマイズは次の通りだ。お店の人が混乱しないよう、上から順番に伝えるとうまくいく。

  • ソイミルク(豆乳に変更)
  • ホット
  • トール
  • チャイティーラテ
  • ライトシロップ(シロップ少なめ)
  • エキストラミルク(ミルク多め)
  • アドショット(エスプレッソショット追加)

これは、ミュージシャンのJason Mrazが実際にやっているカスタマイズを改良したものだ。甘さを抑えつつ豆乳で丸みを加えながら、アドショットによるエキゾチックな味わいが楽しめる。

夏はこのメニューのアイス版で注文する。

  • ソイミルク
  • アイス
  • トール
  • チャイティーラテ
  • ライトアイス(氷少なめ)
  • ライトシロップ
  • エキストラミルク
  • アドショット

複雑なので、たまに店員の方に間違えられるのが難点である。

© 2014 Malzack