読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

テレビを観なくなって5年以上経った

MinimalLife

5年前。ミニマリストという言葉も広まっていなかった頃、一方的に流れてくる情報に疑問を感じて、テレビを捨てた。

テレビはとてもおもしろい。その世界のプロの人が作っている番組なので、私たちを楽しませるために最大限の力が使われている。油断すると「一日中テレビを観ていた」なんてこともザラにある。この楽しいテレビは、毎日観ていると中毒になる。「新しい情報の刺激をインプットし続けたい」と、次から次へとチャンネルを変え、夜も寝られないほどに。

テレビはほどほどに距離を置いて『情報刺激の奴隷』にならないように注意が必要だ。もしあなたがテレビ中毒になっていて、その習慣をやめたいのなら、思い切って捨ててみよう。3日で慣れるはずだ。

テレビのない生活のデメリットは「情報が遅くなる」ことだ。

テレビを捨てると、まわりが話している話題についていけなくなる。流行の芸能人や俳優の名前がわからなくなる。ニュースが入ってくるタイミングが遅いので、社会人として困る部分も多少ある。ただし、情報は遅くなるだけで、最低限必要な内容はどうやっても入ってくる。

テレビのない生活のメリットは、部屋が静かになって、自分の時間が増えることだ。ヨガで休息をしたり、アコースティックギターで静かな曲を奏でたり、大切な人と会話をしたり、本を読んで勉強したり。静かな部屋で、本当にやりたいことに最大限の時間が割けるようになる。

© 2014 Malzack