読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

『いつか捨てるボックス』で架空のミニマリスト生活を送ってみよう

捨てたいのに捨てられない。

ムダを最大限にカットする『ミニマリスト』というライフスタイル。そんな生活を送ってみたい人も、いざ捨ててみようとするとうまくいかない場合が多いらしい。

そんなときにオススメの方法がある。段ボールで『いつか捨てるボックス』を作って、そこにどんどん放り込んでいくというものだ。まだ完全に捨てるワケではないので、遠慮も心配もいらない。自分の理想の持ち物だけを残して、とにかく目の前から排除しよう。

徹底的に排除したら、理想のミニマリスト生活を送ってみてほしい。どうしても必要なモノがあったら、段ボールから取り出していい。たぶん取り出すことはほとんどないが。

『いつか捨てるボックス』に入ったモノはいつ実際に処分するのか。その時期は、3ヶ月後、半年後などと決めないほうがいい。それを決めてしまうと、ボックスに入れるのを躊躇してしまうからだ。期限を設定すると『捨てる』『捨てない』の判断が厳しくなり、結局『いつか捨てるボックス』に移行できなくなる。「必要なさそうなモノを気軽に放り込む」というところがポイントなのだ。

「必要かもしれない」と心のどこかで思っているから捨てられない。ミニマリスト生活をしばらく送ってみれば、心の底から「必要ない」とわかるようになる。必要ないとわかれば、捨てるのはカンタンだ。特に時期を決めていなくも「さぁ、捨てるか」というタイミングがくる。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack