読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

『シンプルライフ』『ミニマリスト』の意味を整理してみた

ミニマリストについて検索していると『シンプル』『ミニマル』『ミニマム』など色々な言葉が飛び交っている。あまりに乱雑なので少し交通整理してみたい。

まずは『シンプル』と『ミニマル』の違いである。

  • 余計な付け加えがないのがシンプル
  • 常識的な最小限から、更にそぎ落とすのがミニマル

例えばバッグの数。プライベート用・旅行用・仕事用、それぞれ一つだけ持つのがシンプル。すべて一つで済ませられないか考えるのがミニマル。腕時計の場合はこうだ。コレクションせずに1つか2つだけ持つのがシンプル。持たなくても良い方法を考えるのがミニマル。

次に『ミニマル』と『ミニマム』の違いを書いてみる。ちなみに『ミニマル』と『ミニマム』は同じように使われているが、意味合いは少し異なる。ウィキペディアを読むと『ミニマム』は『常識的な最小限』という意味に近いので、『シンプル』と似ているのかもしれない。

ミニマルの意味は日本の辞書においてはミニマムと同じだが、英語圏では完全に区別して用いられる。ミニマルは形容詞、ミニマムは形容詞としてだけでなく名詞としても使われる。形容詞としては、ミニマルは「ただの最小」という意味で使われ、ミニマムは「事前に決められている最小限」の意味で使われる。使い方によってニュアンスの大分異なる単語であるため、英語圏での使用、使い分けには注意が必要である。
ミニマル - Wikipedia

では『シンプルライフ』と『ミニマリスト』はどう違うのか。これまで書いた言葉を整理すると、一般的に言われる「スーツケースひとつ分の荷物しか持たないのがミニマリスト」というのは違う。人によって最小限の数は違うので、モノの数で測るものではない。どうしても『シンプルライフ』と『ミニマルライフ』を区別させたいのなら、自分のポリシー、考え方、生活のあり方で判断すればよい。判断するのは自分。第三者ではない。

『シンプルライフ』と『ミニマリスト』は言葉の意味だけでなく、世間的なイメージも異なる。一般的に、殺伐として無機質なイメージがあるのが『ミニマリスト』だ。反面『シンプルライフ』には、ナチュラルなイメージがある。実際に無駄を省くエコ志向の人や、環境・健康にケアするオーガニック志向の人も多いようだ。ミニマリストは主義や考え方なのに比べ、シンプルライフはその『暮らし』のあり方を意味しているよう思う。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack