読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

よく噛んで食べると得られる心理的なメリット

SelfManagement

f:id:mlzk:20140918222054j:plain

みなさまは、食べるときに何を考えてますか?

人は考えているとき、『今』ではなく『未来』か『過去』に思いを巡らせています。昨日あったイヤなこと、明日楽しみにしていることなど、さまざまです。逆に『今』は感じることはできても考えることはできません。

仏陀が見つけた法則にあてはめると『今』から離れる考えごとは、すべて『苦しみ』です。明日、楽しみにしているデートも、それが到来していない現在とのギャップは『苦しみ』です。はやく明日にならないかなぁ、と苦しんでいるのです。反対に、『未来』や『過去』のことを考えず、『今』の感情にとどまると、充実感がうまれ、人は幸福感を感じます。

では、幸せに食べるにはどうしたらよいか。
それは、何も考えないで食べることです。よく噛んで、味わいと舌触りに全神経を集中させることです。噛む回数を決めるのはあまりよくありません。意識的に飲み込もうとせず、自然に喉元を通るまで、味わいつくしましょう。できれば一口ずつ箸を置いて食べてみましょう。普段より食べる時間は長くなりますが、生活がシンプルなミニマリストであれば、それを楽しめるだけの時間があります。また、よく噛むことで過食をふせぐこともできます。

ただし、大切な人と食事をするときに、相手の話や表情に心を通わせることは良いことでしょう。いずれにしても、『過去』や『未来』のことを考えることは悪いこと。『今』目の前にある瞬間に集中することが大事です。

© 2014 Malzack