読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

持ち物の公開はコンテンツになる

MinimalLife

日本で有名なミニマリストといえば高城剛氏。ずっと気になっていたのですがご縁がなく、どんな人なのか全く知りませんでした。そこで『LIFE PACKING - 未来を生きるためのモノと知恵』というKindle本を読みました。持ち物を淡々と公開する画期的なアイディアで、読み始めてすぐにお気に入りに。今回はこの本のおもしろいポイントを書いていきます。

kindleで開いてみると、まずはそのデザインに驚き。レイアウト、フォント、写真がどれもスタイリッシュに表現されています。まさにミニマルな美意識を感じるミニマリスト本。この本には、高城氏の持ち物と、それに対するコメントしかありません。でも、それだけでおもしろい。他人の持ち物を見るだけでこんなに楽しいなんて。ブログでも、カバンの中身を公開する記事が人気ですね。「どれだけ良いモノを持っているか」よりも「どんな目的で持ち物をセレクトしているか」という方向に関心が移っているのでしょう。

高城氏の持ち物の中には、少し突飛なモノも。「ミニマリストとはスーツケース一個分の荷物であること」などと乱暴に定義されることもありますが、ミニマリストは絶対量で測るものではありません。その人が最小限を突き詰めた結果ならば、必要最低限のラインナップになるのです。

高城氏のように堂々と「持っています」と誇らしげに宣言してしまえば、いさぎよく、かっこよく映ります。それにしても、放射能除去の水処理機を自ら開発してお持ちとは。25万円もするし。驚きでした。

SponsoredLIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵

© 2014 Malzack