読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

体を動かす瞑想がヨガである

f:id:mlzk:20150613131452j:plain

ストレスのないリラックスしたカラダづくりを目指している。ヨガをやるときに意識しているのはストレッチではなく、緊張を取り除くこと。ひとつひとつのポーズを納得できるまでじっくりやる。

スタジオでのレッスンやヨガの動画よりだいぶ遅いペースの「スローヨガ」を行っている。ポーズがある程度安定したら「ムダな力が入っているか?完全にリラックスしているか?」とカラダのそれぞれのパーツに意識を向けていく。力が入っているところを見つけたら、無理に抜こうとせず、呼吸をしながらじっくりと観察するようにしている。観察を続けていくと、自然と力が抜けるタイミングがある。

坐禅にも興味があり、瞑想に取り組んでいる。ヨガには2種類あって、体を動かす『ハタ・ヨーガ』と、瞑想主体の『ラージャ・ヨーガ』に分かれるそう。つまり突き詰めていけば、『ヨガ』と『坐禅瞑想』は同じルーツなのだ。なので、私のヨガは瞑想的。感情を捨てるように、体の緊張を捨てていく。ヨガの先生に習って、大勢で行うヨガも気持ちいいが、自分のペースで自分なりのヨガをやるほうが気持ちがいい。

自宅で快適なヨガするために、ヨガマットはしっかりとした品質の『プラネットサダナ』を選んでいる。私の身長は176cmなので、普通のヨガマットではやや狭い。『プラネットサダナ』はヨコもタテも少し大きめなのでうれしい。厚さも薄すぎず、体に負担がかからない。
1万円と高めの価格だが、モノを買うときは値段ではなく品質やスペックを重視している。『ミニマリスト=ケチ』ではありません。持つと決めたら、とことん気に入ったモノを持つのだ。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack