Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

10年後も着たいファッションを考える

ファッションの好みは移り変わる。

モノを処分していく過程で気づくことは、「捨てたいモノが古いモノとは限らない」ということ。まだまだ使えるのに、気に入っていないから捨てたい。そんな理由の処分品がほとんどを占める。つまり、人の好みは思っているよりも早く移り変わってしまうのだ。

次から次へと新しいモノを買っていては、持ち物はあっという間に増えてしまう。そして買うよりも、捨てるほうが圧倒的に難しい。また、気に入っていないモノに囲まれた暮らしはストレスを生み出す。経済的でもない。

洋服の種類によって耐用年数は違うが、ファッションは10年後くらいをイメージして揃えていくといい。なにもかも10年使い続けるという意味ではない。今の価値観で欲しいと思うモノを買うのではなく、10年後の未来にふさわしいモノを揃えていく。

10年後といっても、気に入らない洋服で妥協することではない。自分に似合うものを熟知して、ベーシックなオシャレを心がけていれば、今も未来も輝けるファッションが作れるのではないか。流行っているから買うのではなく、自分に似合うから買う。流行りに流されないためには、長いスパンで考えることが大事。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack