Malzack Blog

Malzackの書くブログ

ジャケパンの3つのメリット

ジャケットとボトムスをそれぞれ色違いで揃えるスタイルを『ジャケパンスタイル』と呼ぶ。カジュアルな印象になるので、会社によってはNGのところもあるようだ。でも、もしOKが出るのなら積極的にジャケパンスタイルを取り入れるのがオススメだ。

─ジャケパンのメリット①:オシャレに見えやすい
ジャケパンスタイルはオシャレに見えやすくなる。とはいえ、組み合わせに自由度がある分、注意も必要だ。間違ったセレクトにしてしまうと、せっかくのジャケパンルックも台無しになる。私のオススメは、黒のボトムスにグレージャケットを合わせるパターン。ボトムスのパターンには、ベージュ・白・ネイビー・グレー、と様々あるが、一番のオススメは黒。ジャケパンの中で最もビジネス向きだ。

そして黒のボトムスに合うジャケットはグレーだけ。他の色を合わせても、うまくいかない。オシャレの上級者であれば他にも選択肢はあるのかもしれないが、黒のボトムスにはグレーのジャケットを合わせておけば問題なし。これならセンスも必要ない。

─ジャケパンのメリット②:それぞれ買い替えができる
スーツで一番傷みやすいのがボトムスだ。裾やポケット部分など、ジャケットよりも消耗が早い。なので、上下セットのスーツの場合、ボトムスが先にダメになってしまい、ジャケットだけ取り残されてしまうことがほとんど。印象の強いストライプのデザインだと、他に使い回しができず、やむなく傷んだボトムスと共倒れしてしまうことも。
ジャケパンスタイルだとボトムスだけ買い替えができるので、経済的だ。また、色が黒であればいいので、同じお店で揃える必要もない。買い替えの時は、量販店で一本4,000円くらいで買える。

─ジャケパンのメリット③:ジャケットが私服でも使える
ジャケットのデザインにもよるが、私服に使うこともできる。オンオフで着られたら一石二鳥になる。僕が持っているジャケットは、無印良品のモノが2着と、スーツカンパニーで買ったモノが1着。合計3着をローテーションしている。無印良品のジャケットは7000円程と安いが品質は悪くない。

重要なのはジャケットもスラックスも徹底的に洋服ブラシで埃を取り除くこと。高級なスーツを着なくても、毎回手入れをしっかり行っていればかっこよく見えるのだ。

この後、さらに持ち物をブラッシュアップしていったので、関連記事としてリンクを貼っておく。
ジャケットをひとつ処分して2着ローテーションを試してみる
チノパンはジャケパン用ボトムスにも私服用にも使えるので一石二鳥
プライバシーポリシー
© 2014 Malzack