Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

お金は投票券だ

ミニマリストはその持ち物にも最小限の美学を求める。モノを積極的に増やさないので、買い物の回数は普通の人より少ない。でも買うモノが少額とは限らない。回数こそ少ないが、しっかりと経済活動に参加している。

お金とは投票券であると考えている。「その製品や企業にお金を回したいか」という基準でお金を支払うようにしている。なので、妥協して類似品を買ったり、低品質のモノを買うことはしたくない。

お金を使うことで、素晴らしい製品やサービスへ投票をするのだ。これは飲食店についても同じ基準で行う。そういうお金の使い方をすれば、素晴らしい企業にお金が回り潤っていく。素晴らしい製品を作ってくれる活動に微力ながら協力できていると信じている。

お気に入りの企業にお金が回り、自分の身の回りにはお気に入りのモノで満たされる。これはとても気分が良いことだ。もちろん、価格の高い商品を扱う企業をやみくもに賞賛するわけではない。ムダを省いて徹底的に良心的な価格で提供する企業も素晴らしいし、それに投票することも気持ちのよいものだ。どんなに安くてもブラック企業のように、誰かがその代償を支払っているようなところには、1円も払いたくないけど。

支払っているお金を最終的に誰が受け取るのか。そんなことを意識して買い物をするように心がける。
プライバシーポリシー
© 2014 Malzack