読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

お金を手放す練習

money

ある有名な医療団体に毎月寄付金を支払っている。近頃では、クレジットカード決済で寄付することもできるから驚きだ。金額は少ないが毎月1000円。毎月決まった額を自動的に支払うことができるのが便利。

寄付をはじめたのは不純な動機である。お金への執着を減らす練習のためだ。そんな動機のため、寄付先の活動内容は詳しく調べていない。しかし、少なくとも私が持っているよりは世の中に立つのだと思っているので、活動内容うんぬんはあまり調査せずに寄付先の決定をした。

選んだ基準はこれまた不純な動機なのだが、まずは寄付金控除が受けられること。一度、寄付金控除の確定申告をしてみたいなと。
次のいずれか低い金額-2千円=寄附金控除額
イ その年に支出した特定寄附金の額の合計額
ロ その年の総所得金額等の40%相当額
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1150.htm

もうひとつの理由はクレジットカード決済ができること。クレジットカードで支払うとカード会社のポイントがつく。ポイントが貯まれば金銭的な還元が受けられる。

寄付金控除やクレジット払いをしたところで、支払った寄付金がすべて戻ってくるわけではない。しかし、税金の軽減やポイント還元を受け取ることで、さらに寄付するお金ができる仕組みが面白い。健全なマネーロンダリングだ。

偽善要素が満載の私の寄付活動だが、何もしないよりはいいだろう。いずれは、しっかりと寄付団体の活動を調べて、自分が本当に支払いたいと思った団体にお金を回したいものだ。
プライバシーポリシー
© 2014 Malzack