読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

ジーパンのメリットとデメリットを考えたら必要性を感じなくなった

MinimalLife

f:id:mlzk:20151219233006j:plain

ボトムス探求の旅がひと段落です。

紆余曲折しましたが、ミニマリストとして、写真の通りネイビーとブルーのチノパンにしました。両方ともタケオキクチで6,000円程度で購入。丈の長さが良い意味で短めで、スタイリッシュな印象。ビルケンの靴と合わせるといい感じ。

以前に「ジーパンは破けやすいのではないか?」という記事を書きました。ブックマークの反響でも「破けやすい」というコメントをいただき、耐久性に難があると思い至りました。結論としては、チノパンのほうが頑丈。耐久性を重視して、持っていたジーパンは知人に譲ることにします。

とはいえ、ジーパンにも良いところがあります。メリットとデメリットを天秤にかけて、皆様もジーパンの見直しをしてみてはいかがでしょうか。ジーパンはボトムス界のメジャー選手になりましたが、それゆえに惰性でそろえている人も多いはず。でも、なんとなくではなく、必要性をしっかり感じて所有すれば、より楽しいジーンズライフを過ごせるでしょう。

ジーパンのメリット1:ラフな印象になる
トップスにジャケットを着ていても、ジーパンを合わせることで『ハズし』として使え、堅すぎない印象になります。アウトドアでもカジュアルで活気のある印象にしてくれますね。

ジーパンのメリット2:色落ちの風合いを楽しむことができる
ジーンズといえば色落ち。いい具合で色褪せたジーンズは、表情豊か。ひとつひとつのジーンズの表情を楽しむことができるのはジーンズならではの楽しみです。でも、色褪せすぎて擦り切れてくると、穴があいてきてしまうんですけどね。

私はジーパンを卒業します。ジーパンはかっこいいですし、履いている人を否定するつもりはまったくありません。今後、買うことも履くこともないと思うと寂しい気もしますが、選択肢がミニマルになったので、気分はスッキリです。

Ralated Articleチノパンはジャケパン用ボトムスにも私服用にも使えるので一石二鳥

© 2014 Malzack