Malzack Blog

Malzackの書くブログ

MacBook Airのシンプルなデスクトップと使いかた

f:id:mlzk:20150618214841j:plain

MacBook Air(以下MBA)にするまでは、自宅に固定回線を引き、DELLでWindowsを使っていた。その後モノを減らしていく過程で、ノートパソコン1台でテザリング運用することを目指すようになった。

ちょうどiPhoneを使っていたので、MBAにすることで、さまざまな同期と連携が可能になる。さらには、マウスが不要になるほどに機能的なトラックパッドにも惚れ込み、購入に至った。マウスも不要になれば、ますます身軽になれる。

大きい画面サイズのほうが視覚的にも作業的にも便利である。それでも最も小さい11インチにしたのは、単純に軽いから。そして、小さい画面を工夫しながら使っていくことに面白みを感じたからだ。A4サイズというところも魅力的で、書類とジャストサイズで手に抱えることができるのも決定打となった。

画面が小さいので、ドックを画面下ではなく右に配置しています。ここからは、具体的に使っている内容を書いていく。

f:id:mlzk:20150425153557j:plain

─ Dropbox
オンラインストレージの代表格。オンオフ共に書類の格納はこちらに。iPhoneからも見れるので便利。ドックにはアイコンを置かず、Finderから開くようにしている。

Microsoft Office 2011
Mac用のOfficeをインストールしている。こちらもFinderから開く。Microsoftのソフトに固執はしていないが、Word、Excel、PowerPointがどうしても必要なケースはまだまだある。

環境設定
ドックに配置している人が多いと思うが、設定は頻繁に変えるものではないので、こちらもFinderの『アプリケーション』から開くか、左上のリンゴのマークから移動する。一番使うのは、キーボードの辞書登録。登録した内容がiPhoneにも同期されるので、これがたまらなく便利。

Safari
もともとChrome派だったが、Safariに移行した。Safariでもデバイス間でタブの同期ができるし、たくさんのiOSアプリとの相性も最も良い。ブログを書いたりと頻繁に使うのでドックに配置。文字が読みやすくなる「リーダー機能」も便利だ。

iTunes
音楽をかけたり動画を流したり。MBAは仕事でも使うし、プライベートのリラックスタイムにも。

Kindle
Macでも見れるようになったKindleアプリ。リアル本では両手仕様が必須。iPhoneなら片手で見れるけど画面が少し小さい。MBAなら『手で持つ』という負担が一切なく、十字カーソルだけでページ送りができる。画面もちょうどよい大きさなので、開いたままのサイズで読んでいける。

以上がMBAの使い方。みなさまの便利な使い方やオススメのアプリがあれば教えていただきたい。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack