Malzack Blog

Malzackの書くブログ

アドバイスどおりにMVNOに切り替えたら月額も気持ちもスッキリした

googleよりも人間のほうが優秀だ。

googleは単純な情報の検索が得意。ところが、複雑に絡み合った情報を解決するのは人間のほうが得意である。例えば、こんな情報。

  • iPhone6のSIMフリー版を買う予定
  • 現在はSoftBank
  • 3大キャリアをやめたい
  • 携帯番号を変えたくない
  • 毎月7Gくらい使いたい
  • テザリングでMacも動かしたい

これが格安SIMを検討していたときの希望条件。これをTwitterでつぶやいたら、あっという間に答えを導いてくれたのが、ハービー(@mini_herbie)だ。なんでも「ググる」時代になってきたが、「人に聞く」という選択肢も忘れてはいけない。

通話機能の付いたMVNOのSIMにMNPですね♪DMMとIIJmioの2択です!DMMの方が容量が細かく分かれていて金額も安いのですが、MNPするならばタイムラグを無くすために店頭申し込みが可能なIIJmio(BICSIM)が良いと思います。IIJmioは10GBプランになりますが、プラン変更が自由にできるので繰り越しで余ったりした場合には5GBプランに変更したりすることで、決して無駄になったりもしません。

アドバイスを聞いて、docomo回線のiPhone6を買い、新宿のビックロにあるカウンターで手続きをした。プランは通話可能の10Gに。30分ほど待って、無事にMNPが完了。タイムラグまで含めた提案に感動だ。

IIJmioに切り替えてよかった点は、月額通信費が安くなったことである。SoftBankのときに7Gで7500円だった通信費が、10Gで3500円に。通信量が増えるにもかかわらず、年間で約48000円の固定費削減。

切り替える際に、iPhone6の購入代金やSoftBankの解約料金がかかった。その費用を回収するまでには時間がかかるが、単純に月額が安くなるだけで心が軽くなるのを感じる。それだけでも十分なメリットである。

次によかったのは、料金体系がシンプルになったこと。3大キャリアの契約プランは割引にみせかけた囲い込みが多く、嫌気がさしていた。IIJmioの契約は10Gで月額3500円、通話料金は話した分だけ。このシンプルな契約が心地よい。

月額費用を見直したい人、契約をシンプルにしたい人は格安SIMをぜひ検討してみてはいかがだろうか。ハービーはブログで「ほしいものリスト」を公開しているので、教わった人は何か買ってあげてください。
【長文】スマホからガラケーに戻したいor携帯料金削減したい人へ・前編 - ハービーのミニマライズ探訪
プライバシーポリシー
© 2014 Malzack