読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

メンテナンス不要の水洗いできる腕時計

AppleWatch

f:id:mlzk:20150630200104j:plain

腕時計のメンテナンス道具が不要になった。

腕時計の隙間を歯ブラシで掃除する必要がない。Apple Watchなら。

隙間がまったくないデザインなので、届かない汚れがない。拭き取れば、汚れ落ちる。唯一の隙間は、デジタルクラウンと呼ばれる『龍頭』の部分だろうか。デジタルクラウンも水を流しながら回せば、つまりがとれる。Appleもサポートしている方法なのでご安心を。

耐水仕様になっているので、同時に全体を水洗いしてしまう。スポーツバンドなら、バンドすら外さずに洗うことができます。革ベルトを選んだ人は取り外す必要がある。

文字盤をコンパウンドで磨く必要もない。Apple Watchはモデルによってディスプレイ部分のガラス素材が違う。私が持っているApple Watch Sportは『Ion‑Xガラス』という素材で、他のモデルの『サファイアガラス』よりも劣る。それでも、刃物で引っ掻いてもキズをつけることができないそうだ。目の細かい紙ヤスリでこするとダメのようだ。

紙ヤスリでこすらないように気をつけよう。そんな機会はあり得ないけど。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack