読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

多機能アイテムこそミニマリストにとって必要だ

f:id:mlzk:20160827202842j:plain

「ミニマリストなのにパソコンを持っている」「ミニマリストなのにブログを書いている」と、揶揄されることがある。

まぁ、ブログを書くのは自己顕示欲以外のなにものでもないので、ぐうの音も出ずに困るところであるが、パソコンを持つことについては異議ありだ。パソコンの優れているところは、ひとつで色々なことができるところ。動画も観れるし、タスク管理もできるし、ウェブもできるし、スケジュールも整理できるし、音楽もかけられるし、ワードやエクセルで仕事もできる。

パソコンのように、ひとつで多くの役割を担ってくれるのが、写真に載せたマルチツールだ。ハサミ、ナイフ、ドライバー、缶切り、栓抜き、などが狭いスペースに搭載されている。たくさんの役割がひとつのアイテムに集約されるのは魅力的だ。手のひらに収まるサイズは、省スペースにもなる。重さはずっしりではあるが。

パソコンやマルチツールは、ミニマリストにこそピッタリだ。一石二鳥どころではない多機能なアイテムは、持ち物を最小限にする際に真っ先に優先しなくてはならないモノではないか。なのに「パソコンを持っているなんておかしい」と言われるのはなぜだろう。考えてみると、そこには『ミニマリスト=修行僧』みたいなイメージがあるんじゃないかと。

でも実際には、持ち物を減らすことで悟りを開こうとは思っていない。持ち物をゼロにしたいわけではないのだ。ただ、引き算の美学を追求しているだけだ。

「少ない≠豊か」だし「多い≠豊か」である。持ち物の量だけでは豊かさを測ることはできない。でも、私の暮らしは持ち物が多かったときに比べて、だいぶ心地よいものになった。そんな心地よさを広めたくてブログを書いている。自分のお気に入りは、他の人にもオススメしたいじゃないですか。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack