Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

インボックスからプロジェクトに移すときはスピード重視

Mac、iPhone、Apple Watchを駆使して吐き出したタスクは、OmniFocusの『インボックス』という場所に登録される。インボックスとは直訳で『書類受け』のこと。そんなインボックスが、無数のタスクであふれていると、まるで郵便受けがパンパンに詰まっているときのようなストレスを感じる。たくさん入りすぎて、必要なものを取り出すのも一苦労である。

こちらが、実際のインボックスの様子だ。モザイクをかけたが、たくさんのタスクがインボックスに登録されているのがわかる。

f:id:mlzk:20150730113044j:plain

ストレスを溜めないGTDをするためには、インボックスからプロジェクトにスピーディーに移すことが大切だ。これらのタスクを素早くプロジェクトに振り分けていく。僕のプロジェクトはこの6つ。

  • Review:Daily
  • Review:Weekly
  • Review:Monthly
  • Review:Someday
  • __Off
  • __Remind

今日見たいタスク、毎日見たいタスクは『Review:Daily』に。来週にもう一回見たいタスクは『Review:Weekly』に。来月でいいなら『Review:Monthly』に。それ以外は『Review:Someday』に。

迷ったら、とりあえず『Review:Daily』に入れて明日もう一度検討しよう。悩まずにスピーディーにプロジェクトに放り込んでしまうのがコツだ。

プライベートのタスクは、レビューの間隔ではなく、そのタスクの性質ごとに、『__Off』『__Remind』に振り分けている。これもスピード重視。

実は、これらのプロジェクトの中で意外と活躍するのが、『Review:Someday』と『__Remind』です。ここには結果的に「重要でも緊急でもない」タスクが振り分けられることになるのだが、これがあるとないとでは大違い。ジャンクなタスクにもしっかりと受け皿を作ってあげることで、インボックス内でブレーキを踏まずに進むことができる。

クドイようだが、優先するべきは何よりもスピードだ。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack