読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

タスクの期限は『終了』ではなく『開始』で設定する

omnifocus

OmniFocusの期限設定で気をつけていることがあります。
それは、『終了』の期限ではなく、通知が欲しい『スタート』の日時で設定することです。

私はApple Watchのリマインダー通知を愛用しています。手首をトントンと叩いてくれる通知は、気づかないことがありません。それを活用するために、タスクの期限は、アクションをおこしたい日時で設定しています。

例えば、明日の13時までに提出しなければならない議事録が会ったとします。そんなとき、深く考えないと『議事録を提出する』を『13時』の期限で設定してしまいがち。
でもそうではなく、『議事録を提出する@13時まで』というタスクにして、取り掛かりたい時間(例えば9時)を設定するのです。実際の参考画面はこんな感じ。

f:id:mlzk:20150812161800j:plain

この設定を活用するためには、MacとiPhoneの通知設定を『期限超過』にしておく必要があります。

f:id:mlzk:20150812160950j:plain

f:id:mlzk:20150812161011j:plain

タスクを忘れないようにと、『期限超過』だけでなく『期限間近』や『フラグ付き』にもチェックを入れてしまうと、どのタスクにフォーカスしていいかわからなくなってしまいます。シンプルに『期限超過』の一択にして、タスクの期限はアクションをスタートしたい日時に設定。期限設定というより、スケジュール設定に近い感覚ですね。
時間がくると、Apple Watchが震えて通知してくれますし、iPhone、Macを使っているときは、その画面に通知が表示されます。

他のユーザーの使い方も気になります。でも、だいたい同じかな。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack