読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

「生きている」ミニマリストと「死んでいる」ミニマリスト

MinimalLife

モロッコ生まれの料理家、パトリス・ジュリアンが書いた『ライフレシピ』を読みました。

人生に喜びを感じられるようになるためのカギは、チョイス(選択)することにある。いまいる場所、いまあるものは、すべて自分の過去の”チョイス”の結果だし、全部が”自分の責任”なんだ。

持ち物を公開するブログがおもしろいのは、その持ち物を見るだけで、その人の趣味嗜好がわかるところ。パトリスの言葉を借りれば、いろいろな『チョイス』の集合体が、その人そのものを表しているのだといえます。

ミニマリストは物質社会のカウンターのような存在で、口を揃えて「持ち物を抱えていた頃より豊かになった」と主張しています。でも、ミニマリストが全員豊かなのかといったら、そんなことはないと思います。
これは、パトリスが書いている「生きている」か「死んでいる」かという発想から考えるとわかりやすい。

家のなかに死んだものがたくさんあると、家のパワーはどんどん下がってしまう。だから思い切って、”必要なもの”、”生きているもの”とだけ一緒に暮らすようにしたほうがいい。

持ち物を減らすときの基準は「不必要なモノ」がスタンダード。でも「必要だけれども死んでいるモノ」もあることに目を向けるのがポイントです。持ち物がミニマルになったって、残されたモノが死んでいたら、死んでいるモノに囲まれたつまらない暮らしです。「少ないけど豊かにみえない」というときは、その持ち物や空間が死んでいるからかもしれません。

「生きている」「死んでいる」というのは主観です。本人が自分の価値観でチョイスしたモノであれば、そのモノの価格と関係なく「生きている」ものになります。
でも、本人の主観が歪んでいる場合もあります。
たとえば、100円ショップで買ったモノ。同じ100円のモノでも「生きている」と心から感じている人もいる反面、「生きている」と思い込もうとしている人もいます。「100円のモノで十分」と口では言っていても、心のどこかではもっと品質のよいモノがほしくて、その感情にフタをしている状態です。人間は細かいニュアンスを感じとる動物なので、端から見ていても無理をしているのがわかってしまうのです。そして、そういう人の持ち物は死んでいるように見えるのだと思います。

合理化を極めたはぴらきさんは、イキイキとしています。彼の下では、100円ショップのモノも「生きているもの」になります。だから読んでいて楽しい。
はぴらきさんのように、国を越えて移住をするミニマリストは、処分しやすい価格のモノを揃えるのが「生きた」暮らしをするコツだと思います。
私に関して言えば、パトリスが書いているように、お気に入りの道具を手にいれたいタイプです。コロコロと移住をしない人の場合は、コストよりも品質を優先させたほうが「生きている」暮らしになりやすいように思うのですが、いかがでしょうか。

言うまでもなく調理器具は、ただの道具ではない。”料理を作る気持ち”にすごく影響してくるものなんだ。100円ショップでもたいていの器具が揃うかもしれないけれど、ぜひとも、本当に自分にフィットするものを選んでほしい。
お気に入りの道具を手にいれよう。自分の雰囲気に似合った、一緒にワクワクできる道具を。ひとつお気に入りが増えるたびに、また料理と仲良くしたくなること間違いなしだ。

すごく素敵な芸術家の仕事に触れたときたとえば、腕利きの宮大工の手がけた建造物とか、エルメスの職人が手がけたバッグとかーそういう”完璧な美しさ”に触れたときもやっぱり、天国を感じることができる。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack