読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

私の『ミニマリスト』経歴をまとめてみる

MinimalLife

f:id:mlzk:20151013232200j:plain

そもそも、私がミニマリズムに傾倒していったきっかけは、ストレスを和らげるためでした。

2010年頃、『earth in us.』というブログでミニマリストという言葉を知り、ブログが書籍化された『人生をシンプルに変えよう!』を何度も何度も読みました。ちょうどその頃、小池龍之介さんの『貧乏入門』も読んでいました。そこには、持ち物はそのもの自体がストレスであると書かれていました。
そして150冊のビジネス書、250枚に及ぶCDとDVDを処分しました。掃除をすると心がスッキリします。モノを捨てることは掃除をするよりもスッキリします。洋服も大幅に減らして、私の生活のストレスは大幅に改善しました。

『持ち物=ストレス』です。なので、持ち物は少ないほうが心穏やかな生活が送れます。ただし、持ち物がなんにもないと不便でしょうがありません。ミニマリストの目的は様々ですが、私は『快適に過ごせるための最小限』を追い求めるようになりました。
ストレスケアのあとに直面したのは、自分自身でした。どの程度が自分にとっての最低限なのかを突き詰めていく作業や、どのようなアイテムを持つかという試行錯誤は、必然的に、持ち物を通して自分自身と徹底的に向き合うことになりました。自分の持ち物は自分自身の選択によるものです。つまり持ち物は自分そのもの。有名になった『断捨離』とは持ち物を捨てることで自分を知ることだと説かれています。私は捨てるだけでなく、買い替えやグレードアップをすることで、自分にフォーカスしていきました。

自分自身にフォーカスしていく作業は、いまだ継続中です。しかし、同時にミニマリズムという考え方を応用して、持ち物以外の側面から、モノゴトの本質にフォーカスできるのではないかと、考えています。ブログデザイン、タスク管理、メール管理など、ミニマルかつシンプルにすることで、付け加えることでは得られない価値が生まれることを実感しています。『ミニマリスト』というと持ち物ばかりがクローズアップされますが、本来の語源は『最小限主義者』です。ただモノが少ないだけでなく、考え方や生き方においても、ミニマリストにシフトしてきました。

日本では古来より枯山水をはじめ、禅によるミニマルな価値観を持っていました。ミニマリズムは、禅の発想が海外に広まり日本に逆輸入されたものといってもいいでしょう。だから、ミニマリストの広がりは、日本人らしい美意識をもう一度取り戻す、そんな時代の流れではないでしょうか。
ストレスケアからはじまったミニマリズムですが、最近では『暮らしのアート』だと思っています。まるで現代風にアレンジされた枯山水のような暮らし。少ないだけでなく、配置も重要。そんな芸術を楽しめるミニマリストというライフスタイルをもっと広めたいですし、自分自身でもミニマリズムの美しさを追求していきたい。

私が思う『ミニマリスト』とは、今のところそんな感じです。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack