読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

『ミニマリスト』になっても幸せになんかなれない

MinimalLife

「ミニマリストになると幸せになる」とか「性格が良くなる」とかはウソです。
ミニマリズムはその人の価値観や美意識であって、決して高尚なライフスタイルではありません。ミニマリストの中でも、イイ奴もいれば、イヤな奴もいます。幸せな人もいれば、そうでない人もいるのです。スティーブ・ジョブスだって穏やかな性格ではありませんでした。

モノを減らすと、今まで抱えていたストレスが少なくなって、爽快な気分が味わえます。そして、脳内にアドレナリンが出てハイテンションになってしまい、人生のすべてが好転したかのように勘違いしてしまいます。でもそれは幻想です。

『ミニマリスト』なんてライフスタイルのジャンルのひとつでしかありません。音楽にロック、ポップス、ジャズなどのジャンルがあるのと一緒。どのジャンルが優れているかなんて論争は不毛です。でも、ただ自分が好きなだけであれば誰も干渉しないけど、ミニマリストは『幸せ』とかを持ち出すから厄介なんじゃないかな。「持ち物が多すぎるとストレスになる」というのは断言できるけど、モノを減らすだけですべてが解決するなんて、おかしいでしょ。そしたらホームレスが一番の勝者になってしまう。

持ち物を通して、自己を見つめる方法は『断捨離』です。やましたひでこさんが提唱した優れたメソッドです。精神論をつきつめたいなら、断捨離をおすすめします。断捨離をする人は『ダンシャリアン』と呼ばれていますが、そちらのほうが高尚なライフスタイルだと思います。断捨離はヨガ哲学にもつながっており、ただ減らすだけより随分と勉強になります。持ち物を減らすためのライフハックや、便利アイテムを調べるくらいなら、いますぐ断捨離の本を買って読んだほうがいい。ミニマリストと断捨離をごっちゃにしないほうがいい。

私はミニマリストです。朝は眠いし、悪口も言うし、仕事でイヤなこともあります。でも、装飾を最小限にしたライフスタイルがかっこいいと思って、この生活を選択しています。持ち物もファッションも考え方も、私の美学はミニマリズムなのです。幸せになれるからじゃありません。
そして、こんな嫌味たっぷりの記事を書く、イヤな奴なのです。

© 2014 Malzack