読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

『Refills』があればアナログ手帳なんていらない

万年筆が好き。ノートも好き。手書きのほうが脳へのインプットに長けているし、優れた文房具は心をウキウキとさせてくれる。どんなにデジタル化が進んでもアナログツールは捨てられない。

でも、アナログツールのなかでも『手帳』に限っては、デジタルに軍配があがるというのが私の持論だ。手帳は取り出すのに時間がかかり、スケジュールを確認するスピード感に欠けるし、予定をすぐに記入できない。ポケットサイズのペンが差せるタイプの手帳だとしても、いつでも胸ポケットにしまえるワケではない。夏場はジャケットを着ないこともある。

やっぱり、頻繁に使うiPhoneでスケジュール管理ができればスマートだ。でも、ほとんどのカレンダーアプリはその画面の狭さもあり、手帳のクオリティに届かない。手帳のクオリティを再現できるアプリは、私が知る限り『Refills』というアプリだけだ。期間が複数日にわたったイベントも視認できるし、それぞれの予定が全体画面を観るだけで把握できる。タイトルが長いと途中で文字がきれますが、それでも予定はわかるもの。デザインもまるでアナログ手帳のよう。

f:id:mlzk:20151105191900p:plain

iCalとの同期ができるので、予定をiPhoneやApple Watchで通知させることもできる。Macを開いているときは、大きな画面で確認ができるし、Macから入力した予定は『Refills』にも反映される。

f:id:mlzk:20151105191842p:plain

みなさま、来年の手帳はお決まりだろうか。私はこのアプリを使い続けているので、手帳選びに迷う必要がない。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack