Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

iPhoneにはケースも保護フィルムもつけない

f:id:mlzk:20160522152633j:plain

Apple Watchにして、iPhoneを見る機会が減った。

iPhoneを見る一番の理由は通知の確認。だけど確認するたびに、ついつい色々なアプリをいじったり、インターネットにログインしたりと、ムダな時間を費やしてしまうのが今までの悪いパターン。でも、Apple Watchで通知の確認ができるので、iPhoneをバッグに入れたままにするようになった。移動中はほとんど見ることがない。

iPhoneに関する僕の歴史は、すなわち画面割れの歴史である。最初に持ったiPhone5は二度も画面を交換し、約4万円の出費。そして、今持っているiPhone6も画面にわずかなヒビが入った。もともと、iPhoneは何もつけないスタイルが一番美しいと思っているのだが、度重なる画面トラブルを経験し、やむなく保護フィルムを貼ったり、手帳型のカバーをつけていた。

しかし、Apple WatchによるiPhone離れができたことにより、もう一度何もつけないスタイルにチャレンジします。iPhoneばかり触っていたときは、ながらスマホをしていたのでSuicaが一体化できるケースが便利だったが、iPhoneはバッグの中なので、特にiPhoneと一体化させる必要がなくなった。Suicaを財布の中に移動して、改札を通るたびに財布を取り出す。

さて、そんなこんなで一番美しい姿に舞い戻ったiPhone6。緻密にデザインされたフォルムは、まさに芸術。フィルムを貼らない画面は美しく、手触りも最高だ。

また、画面を割ってしまったときは、大いに笑ってほしい。
プライバシーポリシー
© 2014 Malzack