読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

Apple Watchのタイマーとアラームのハック

AppleWatch

Apple Watchのタイマーとアラームには本当にお世話になっています。

たとえば「30分経ったら休憩しよう」とか、「16時になったら出発しよう」なんてときには、手首の振動がわかりやすいリマインドに。そんなタイマーとアラームは、手元の操作で設定することができますが、やはり便利なのがSiriです。デジタルクラウンの長押しから、Siriを起動してセットします。ここでひとつポイントがあって、タイマーは経過時間を指定できても、特定の時刻を指定できません。「16時になったら出発する」というときには、アラームにする必要があります。
Siriで指示を出すときには、次のように使い分けます。

「30分後にタイマー」
「16時にアラーム」

タイマーは毎回リセットされますが、アラームを色々な時間でセットすると、そのセットした時間が記録されていきます。「次に同じ時間にセットするときに便利なように」という配慮だと思うのですが、アラーム設定画面にたくさんの時間が登録されているとなんとなく鬱陶しい。

f:id:mlzk:20151209202312p:plain

基本的にはSiriで毎回アラームをセットするので、登録の項目がいくつになっても影響はありません。でも、ミニマリストゆえか、定期的にスッキリさせたい願望がでてきます。

そんなときは「アラームをすべて削除」とSiriに指示を出せばOK。画面を強く押し込む『Force touch』でひとつずつ消すことも可能ですが、こちらの方が簡単。これでキレイさっぱりとリセットされます。

f:id:mlzk:20151209200653p:plain

このテクニックは、iPhoneのアラームをオールリセットするときにも使えますね。

SponsoredApple Watch Sport 38mm

© 2014 Malzack