Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

ミニマリストが忘れてはいけない『紙の書籍』のメリット

ミニマリストが買う書籍はKindleがメイン。

ただし、Kindleで読むよりも、紙の書籍のほうが本の内容が頭に入りやすい。情報だけ知りたいならKindle。重要な本は紙の書籍で持つというのが賢い選択だ。

ミニマリズムというのは、何もかもゼロにすることではない。一時期、持っている本をすべて処分したことがあるが、どうしてもKindleで手に入らない本や、紙の書籍で持っておきたい本は手元に置くようになった。一度捨てた本を買い戻すこともあった。「より少なくする」ことで「重要なことにフォーカスする」のがミニマリズムだ。そのため、本の重要度が低い人はまったく持たないという選択肢もあるわけだが。

僕が2ページだけ載っている書籍が、Kindle化された。品切れ期間があり「なかなか買えなかった」という人もいたようである。Kindle版も出たので、情報だけ知りたいという選択もできるようになった。書籍の内容を改めてお伝えすると、部屋の写真とキャプションがメインである。エクストリームな寝袋生活ではなく、誰もが真似したくなるオシャレな暮らしが紹介されている。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack