読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

旅行財布は2年半で寿命となった

f:id:mlzk:20160221175545j:plain

2年半の付き合いとなった。

大好きだった旅行財布に穴があいた。写真に小さい点がある場所は、旅行財布の折り目が重なる部分。そこには、結構な負担がかかるようだ。普段はバッグの中に財布を入れているので、大きな負担はかけていなかったつもりだが、悲鳴が穴としてあらわれた。Suicaを入れているために、頻繁な出し入れをしていたのも影響していたかもしれない。

納得しないものは持たない主義だ。わずかな穴ですが、みじめな気持ちになるので、処分する。「ミニマリストはモノに感謝しない」と揶揄されることがあるが、この旅行財布は定期的に磨いて大切に扱ってきた。「お勤めご苦労さま」と言いたい。

同じモノで買い換えるという方法もあるが、ミニマリズムを追求するために、次は違うものにチャレンジしようと思う。いま現在、財布・名刺入れ・ペンケースはキャメル色を持っている。ですが、私の持ち物はモノトーン+ネイビーが原則のルール。例外として、キャメル色の革製品を許しているが、これを徐々に基本ルールに寄せていきたい。旅行財布にもネイビーがあるが、インナーの色がどうしても好きになれない。

このブログで、かなり推してきた旅行財布。2年半の寿命としても、1万円という価格からすれば、オススメなのは変わりない。しかし、私は違うステージに進む。次は長財布にしようかな。

旅行財布 abrAsus - Amazon

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack