読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

衣替えの必要がないミニマリスト

f:id:mlzk:20160417114826j:plain

春の衣替えは無事に終わりましたか。

私は年間通じて、衣替えという作業がない。洋服の種類も少ないですし、複数シーズンにわたって着られるモノを選んでいるという工夫もある。

冬から春先にかけて行った唯一の衣替えのような作業は、パタゴニアの3イン1パーカのインナーダウンを取りはずしたことだった。ジャケット部分とインナーダウンはファスナーでつながっていて、あっという間に分割できる。襟元と両袖にもパチンと留めるスナップがついているが、ファスナーと合わせても1分もかからずに作業終了。

洋服を厳選するデメリットは、カラーバリエーションが少ないということ。春に明るい色の服を着て、季節感を楽しむということができない。しかし、ミニマリストというのは、季節に合わせて選択を変化させるのではなく、自分にとってのスペシャルワンを貫くライフスタイルである。季節ごとに洋服を買ったり、流行を追いかけることに興味がない。その労力があれば、もっと違うところに使いたい。

排除とフォーカスが、ミニマリズムだ。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack