読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

GRにミニマリズムを感じる

gadget

f:id:mlzk:20160505122203j:plain

『GR DIGITAL Ⅳ』が故障しました。
修理に出そうと思って新宿で見てもらったところ、修理代金が17,000円かかるとのこと。悩んだ結果、最新の『GR Ⅱ』を買うことにしました。

前回は中古で買いました。中古が悪いわけではないですが、なんとなく妥協してしまったという罪悪感が残っていました。今回は、奮発して新品買いです。気分も一新。

さて、新しく買った『GR Ⅱ』ですが、前回の『DIGITAL Ⅳ』と見た目がほとんど変わらない。でもGRの魅力は、その普遍的な外観です。ほぼ完全にマットブラックで作られた、この見た目がかっこいいのです。過去の機種を見ても、そのデザインポリシーは変わっていません。そして、ズームなし、手ぶれ補正なし、という頑固者。しかし、素人がパシャパシャと撮るだけで簡単にサマになってしまう優れ者でもあります。

一度『DIGITAL』という冠がついて、ⅣまでリリースされたGRですが、前モデルから『DIGITAL』が取り除かれてリニューアル。名前もさらにミニマルに。私がGRに魅かれるのは、GRにミニマリズムを感じるからだと思います。

SponsoredRICOH GRⅡ

© 2014 Malzack