読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

Evernoteでの名刺管理をDropboxに移行した

SelfManagement

ウェブサービスにお金を払うことに抵抗がありません。
だからEvernoteもプレミアム会員に登録していました。

世間ではEvernoteが利用条件が改悪されたと話題になっています。でもそれは無料ユーザーにとってのこと。もともとプレミアム会員である私には関係なし。しかし、これをきっかけにクラウド管理全体を改めて見直してみました。結果、EvernoteをやめてDropboxだけの運用に。Evernoteの有料会員はあと半年ほど残っていますが、潔く撤退です。

そもそもEvernoteには、『メモアプリ』と『データ保管』という2つの性質があります。オンラインでテキストを管理したい人にとっては、Evernoteの代替としてOneNoteもいいかもしれません。しかし、私がEvernoteを使っていた目的はドキュメントカメラを利用した名刺管理でした。テキストでメモを残すことはしていません。単純にドキュメントカメラによる撮影とOCR検索がとても便利だったのです。

しかし、最近ではDropboxでもドキュメントカメラが使えます。画面下の『+』のマークのボタンから名刺も書類も読み込めます。

f:id:mlzk:20160827184644j:plain

DropboxにはOCR検索がありませんが、しっかりとタイトルをつければ問題なし。ただ適当に突っ込んで、あとから検索で拾い上げるのがEvernoteらしい使い方ですが、ある程度の手作業を残したDropboxでの整理のほうが、頭の中も同時に整理できます。

そして何より、EvernoteとDropboxの2箇所運用を1本化したことにより、「すべてがDropboxにある」という安心感が生まれました。

タイトルのルールはこんな感じです。

  • 五十音_氏名(肩書きor会社名)
  • ま_malzack(minimalist)

今までは「どうせあとから検索できる」と、名刺をもらった人の名前を覚えていませんでした。タイトル付けの作業を残すことで、最近は相手の名前をしっかり覚えています。

SponsoredDropbox

© 2014 Malzack