読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

社会人ギタリストにナイロン弦がオススメな理由

f:id:mlzk:20160827202023j:plain

社会人ギタリストにはナイロン弦をオススメする。

メリットのひとつは、弦が錆びないこと。スチールの弦はすぐに錆びてしまうので、張替えの頻度が高くなる。おもに休日の演奏のために、何度も何度も張り替えるのは面倒だ。スチールもナイロンも、音が劣化するという点は変わりないが、錆びるかどうかは大きなポイント。錆びてザラザラした弦を触るのはストレス以外の何物でもない。ナイロン弦は錆びない。

次のメリットは、弦のテンションが低くなること。がっちりと張られたスチール弦は押さえるのが大変だ。毎日バリバリと弾けるなら苦ではないが、久しぶりに演奏するようなときには指の力を酷使する。ナイロン弦なら弱い力で弾けるし、指への負担も少ない。のんびりと長時間演奏することができる。

最後に、ナイロン弦はやさしく丸みのある音になる。ここから先は、その人の音楽の好みになるだろうか。ピックを使わない私の演奏スタイルにはぴったりだ。アコースティックギターに張れるようにボールエンドがついたダダリオの弦を使っている。下の3本は黒色のタイプがかっこいい。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack