Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

使わないアプリを削除すると頭の中の作業用メモリが解放される

f:id:mlzk:20160922094517p:plain

「とりあえずとっておいて」が子供の頃のお決まりのセリフだった。

こういった類のセリフは、「これ、捨てていい?」という切り返しとして、誰もが口にしたことがあるのではないだろうか。オトナになってからもこういう決断の先送りをする人は多いかもしれない。

「とりあえずとっておいて」は未決断のタスクである。収納スペースには限界がくるので、いつかはそれを捨てるかどうかを決断するときがくる。仕事に置き換えるとわかりやすいが、タスクが膨大にあると、誰もがストレスを感じる。イライラしる。なのに、『未決断』というタスクを自分に容赦なく課す人がいます。いつかやろう、いつかやらなきゃ、いつか捨てるかどうかを決めよう、というタスクを自分の中に積み上げていくのだ。

未決断のタスクは、自分の作業用メモリを圧迫する。作業用メモリとはコンピューター用語で、いわゆる同時に情報を処理できる能力のことだ。7人の話を聞き分けた聖徳太子のような人でなければ、同時に聞けるのはせいぜい2人まで。いやむしろ、ひとりずつ聞いたほうがいい、という人がほとんどのはず。

未決断のタスクは重要性が低く、作業用メモリにおよぼす負担はミクロかもしれない。しかし、ミクロなタスクが積み重なって、作業用メモリの空き容量は少なくなっていく。その結果、明晰な思考が保てなくなってくる。

macOS Sierraにアップグレードした。

今回の個人的な目玉は、Apple WatchでのMacのロック解除。Apple Watchを装着しているだけで、自動的に画面が開かれるというおもしろいギミックだ。使ってみると便利。近未来の幕開けという印象だ。

Apple Watchを使った自動解除ができるようになったので、今まで使っていた『MacID』というロック解除のアプリをアンインストールした。アプリを最小限にしていると、「物質じゃないものを最小限にして何の意味があるの?」と言われることがあるのだが、「使わないアプリを持っている」ことは未決断のタスクである。作業用メモリをなるべくスッキリさせるために使わないアプリをことごとく消去するのだ。しかもアプリは再インストールが可能。有料アプリも躊躇する必要がない。モノより圧倒的に捨てやすいのに、そのメリットは絶大である。

話がだいぶ広がってしまった。今回は、MacOS SierraはApple Watchユーザーにとって便利ですよという話と、使わないアプリは今すぐ削除しましょうという話。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack