読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

シブヤ大学で『ミニマルで豊かな暮らし』の授業をやりました

pr1

f:id:mlzk:20161009213459j:plain

2010年から取り組んできた、持ち物を減らす生活。

シブヤ大学さんからオファーをいただき、9月17日に幡ヶ谷社会教育館にて授業をさせていただきました。これをきっかけに『減らすブーム』を頭の中で整理することができました。

終わったあとのアンケートを拝見すると「もっと減らすハウツーが知りたかった」とのお声もありましたが、その反面、『減らすスタイル』の6分類と「持ち物から自分のライフスタイルを考える」という内容は、多くのポジティブなフィードバックをいただきました。

『減らすブーム』の背景には「持ち物を捨てると心がスッキリする」という心理的なメリットが存在します。消費社会のアンチテーゼ、世界中を旅したいなどと、いろいろな『減らすスタイル』がありますが、それは補助的な部分。まずは、根本的な心理状態を把握してから、セカンダリーな6つの分類にフォーカスしていきました。今回の授業に来られた方々の『減らすスタイル』は、ほぼ均等に分かれていました。同じような主義主張の人が集まると思いきや、服装も価値観もさまざまで興味深い。

自分のライフスタイルを分類ごとに当てはめたあとには、持ち物のマイベストを書き出して、さらに内面に掘り下げました。このワークを行うことで、自己認識のズレを感じた方もいらっしゃいました。シンプルが好きだと思っていたのに、多少ゴツくてもアウトドア系の持ち物に惹かれている。そのようなギャップがなぜ起きているのか。自分の内面を見つめるのもおもしろいステップですが、グループのメンバーの発表を聞くことでさらに視野も広がっていく。そんなグループワーク。

はじまる前から、お越しいただく方のいろいろな『減らすスタイル』が聞けるのが楽しみでした。実際にやってみると、これが思った以上に楽しい。こんな言い方をしてはいけないかもしれませが、こんなにおもしろいとは思っていませんでした。

いやぁ、楽しかったなぁ。またやりたいなぁ。
この記事をご覧のイベント企画者のみなさま、同じ内容ならすぐにでもできます。オファーください。
malzackblog@gmail.com

講座レポート何を捨て何を残す?ミニマルで豊かな暮らし | シブヤ大学

© 2014 Malzack