読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

関連記事は手作業でリンクしよう

SelfManagement

こちらの記事もおすすめです。
というウソをつく人がいます。

ほとんどのブログ記事の一番下には、たくさんの関連記事が羅列されています。でもこれは、運営者が読者のためにとせっせと選んだものではありません。プログラムが自動的に抽出したものです。その結果、なかには「関連している」とは言い難い記事も載っていたりします。みなさま、私生活ではウソをつかない人なのに、プログラムにまかせっぱなしで、読者にはウソをつくような結果になってしまっているのです。

今回いいたいことは、「関連記事は手作業でリンクしませんか?」ということ。読んだ記事の最後で、さまざまな記事のアピールを見るのに疲れてしまいました。適切な関連記事というのはもちろんあって、リンク同士をていねいに紡いでいくことは、人間らしい作業です。そういうアナログな作業をもっと増やしていきたい。

『ググれカス』という揶揄があります。しかし、今ではいろいろな人がインターネット上の情報をもとに、独自の見解を加えていて、正しい情報が見えづらくなっています。まとめサイトもよくありません。本当にキュレーションしようとしている人はほとんどいなくて、PVを獲得するためだけのルーティン作業になっています。そこには、人間らしい「考える」という工程が抜け落ちています。

いつかは自分の頭では考えられない『ググるカス』という皮肉めいた言葉が使われる時代がきそうです。松浦弥太郎さんも次のように言っています。

まず、頭と手を徹底的に使い、補助的に必要になったら、ハサミやホチキスや電卓を使うような感覚でその都度パソコンを使う。こんな癖をつけるだけで、ずいぶん違ってくると思います。
松浦弥太郎の仕事術

テクノロジーはなくてはならないものです。ただし、これから必要になるのは、テクノロジーとアナログのバランスを取るスキルだと思います。

Sponsored松浦弥太郎の仕事術

© 2014 Malzack