Malzack Blog

Malzackの書くブログ

シンプルライフへの第一歩は「やめること」だ

シンプルライフとは何か。それは、アナログであることだ。

呼吸に意識を向ける。ゆったりと考えられる時間を確保する。『自動化』よりも『手作業』を重視する。これらがまさにシンプルライフ。でも、テクノロジーが発達した今、完全にアナログだけの生活も不便ではある。重要なのは、テクノロジーに依存せずに暮らしのなかに上手に取り入れることだ。

シンプルライフを実現するには、2つの段階がある。まずは、テクノロジーから脱却すること。そして、その次にアナログを充実させることだ。近道しようとして、アナログ生活の要素を盛りだくさんにしても失敗する。「何をするか」の前に「何をやめるか」が大事なのだ。だって、ほとんどの人がスマホに夢中になって、24時間ログイン状態なのだから。電車に乗っている人のうち、だいたい7割の人がスクリーンを覗き込んでいる。利用しているのは、Twitter、Facebook、LINE。どれも『つながる』ためのアプリケーションだ。

『シンプル・ライフ』という本は、痛烈だ。何が痛烈かというと、テクノロジーへの批判が気持ちいいほどに痛烈なのだ。筆者自身、テクノロジー依存を経験してきた先輩。だからこそ、後輩への愛のムチがすごい。本の随所に『つながり依存』のバカバカしさが散りばめられている。依存症の人は、心がチクチクと刺激されるであろう。

「何をするか」と「何をやめるか」。両方のことが書かれている本だが、特に後者が必要な第一段階の人は、読んでみてほしい。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack