読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

悪い習慣は「断ち切る」のではなく「上書き」しよう

SelfManagement

モノを捨てるより、悪い習慣を捨てることのほうが難しい。

書籍『スマート・チェンジ』では、ゴーシステムとストップシステムという2つの言葉で人間の習慣を表現しています。ゴーシステムとは、何かを続ける習慣をサポートする働きのこと。例えば新しく買ったスマホの操作は、慣れるまではスムーズにできません。いちいち考えながら操作をするので、疲れます。ところが、ゴーシステムによって行動が学習されると、何も考えなくても操作ができるようになります。

悪い習慣でもこのシステムは作動します。ちょっとした待ち時間でスマホを取り出してメールのチェックをする。そこに、たまたま未読のメッセージがあると、それは『報酬』として認識され、行動が強化されます。何回かその行動を繰り返すうちに、ゴーシステムによって何も考えずに行動するようになります。「メッセージを確認する」という意識はないのに、条件反射のようにスマホを取り出すのはこのためです。

ゴーシステムよりもストップシステムのほうが弱い。この本ではそう書かれています。それは、人間が長期的な報酬よりも、目の前の報酬を優先してしまうからです。メッセージの頻繁なチェックが無益だとわかっていながらも、「新着メールがきた。内容はなんだろう?」というどうでもよい刺激が欲しくてたまらないのです。

習慣を変えるヒントはここにあります。ストップシステムは弱いので、ゴーシステムで行動を上書きしてしまえばいいのです。たとえば私は、iPhoneを取り出す行動を『メモとペン』で上書きしました。条件反射のようにiPhoneが取り出したくなったら、グッとこらえて『メモとペン』に切り替えるのです。手を動かしてアイディアを書いたり、タスクを書いたりしていると、頭がすっきりします。それは良い行動の報酬として強化されていきます。これを繰り返すことで、待ち時間の無益なメールチェックが生産的な行動に変わりました。

デジタルデトックス、ダイエット、禁煙。悪い習慣を変えたいときには、この2つのシステムを理解して、うまく自分を騙していきましょう。

© 2014 Malzack