Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

『ミニマル思考』がなぜ有利なのか

全体を把握するのか。本質を把握するのか。ミニマリストが優先するのは後者である。

全体を把握しようとするときに問題なのは、それに際限がないことだ。モノゴトにはさまざまな要素があるために、全体を構成する要素を網羅しようとすればするほど、そこにどうでもいい要素、つまりガラクタが入りこんでしまう。結果として、玉石混交になってしまう。

あってもなくてもどちらでもいいガラクタ情報を排除して、ダイヤモンドの情報だけを見つけるのが、『ミニマル思考』だ。カンタンに言えば、バッサリと切る思考法。シンプルに最小限に考える習慣をつけることで、どうでもいい事柄から解放されて、モノゴトの本質を見極めることができる。

本質を見極めることで、抜本的な解決策を導くことができる。しかし、これには多少の経験値が必要だ。

なぜジョブズは顧客を「プロ/消費者」と呼んだのでしょうか?「仕事用/家庭用」ではないのです。
ー 中略 ー
この「目の付けどころ」に気づかずマトリックスだけ真似すると、おそらくこんなラインナップに落ち着いてしまうでしょう。
・仕事用=表計算ソフトを標準装備
・家庭用=年賀状ソフトも使えるよ♪
ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール

書籍『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は、『ミニマル思考』を鍛えるトレーニングブックだ。具体的な例をもとに、シンプルな解決策を身につけるポイントが書かれている。『ミニマル思考』で書かれた本なので、文章の量は少なめ。伝えたいエッセンスだけが詰まっている。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack