Malzack Blog

Malzackの書くブログ

充電ケーブルの長さと仕様にこだわる

f:id:mlzk:20161023120602j:plain

充電ケーブルの長さは20cmが理想。長すぎる充電ケーブルは見た目がスマートでない。反対に短すぎるケーブルもいけない。10cmの短いケーブルはコンパクトでいいのだが、短すぎて不便なシーンも出てくるのが正直なところ。

iPhoneユーザーにとって悩ましいのが、Lightningケーブルだ。互換性がないコネクタなので、たとえばポケットWi-Fiを持っていると、2本ケーブルが必要になってしまう。Apple製品以外の充電端子はmicroUSBであることが多いのだ。

それを解消してくれるのが、このアイテム。先端をLightningとmicroUSBに変換することができる。変換してもパーツが一体になっていますので、紛失のリスクがない。

このケーブルで充電しているガジェットは、iPhone、iPad Pro、ポケットWi-Fi、ノイズキャンセリングイヤホン、の4つ。20cmのケーブルを2本持つことで、同時に2つのガジェットを充電できる。Lightning端子を2つ同時、LightningとmicroUSB。microUSBを2つ同時、と充電したいガジェットによって組み合わせを変えることができる。また、出かけるときに1本持っていけば緊急で充電したいときにも役立つ。

Appleのファンだが、ケーブルだけはApple純正を使っていない。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack