読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

厚手のセーターのように暖かいレギンスが1万円

wear2

f:id:mlzk:20161030122527j:plain

レギンスの立ち位置が低すぎる。

厚手のセーターが1万円。こう聞くとそれほど高い値段とは思いません。しかしこれが、「厚手のレギンスで1万円」となると高く感じる人が多いのではないでしょうか。もっとレギンスにもお金をつかいましょう。

今年もicebreakerのレギンスを買いました。昨年2着買ったのがとても快適で、さらに追加で1着を購入です。「かさばらずに厚手のセーターのような暖かさを与えてくれます」と商品の外装箱には書かれています。履いてみるとわかるのですが、確かにホッとするような暖かさをもたらしてくれます。ヒートテックのような不自然な暖かさではありません。ウール製ですがチクチクすることは一切なく、通気性が優れているために蒸れることもありません。
メリノウールのレギンスが部屋着として活躍しています - Malzack Blog

厚手のセーターのような暖かさのレギンス。これが1万円なら『買い』だと思うのでしょうがいかがでしょうか。部屋着の太極拳パンツのインナー、また、外出時のチノパンのインナーとして今年も愛用してまいります。冬になると、入浴中以外は常に身にまとっているレベルです。メリノウールは汚れにくいので、3着でローテーションしていきますが、場合によってはもう少し買い足すかもしれません。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack