読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

スーパープログラマーに学ぶミニマルライフ

MinimalLife

シンプルに考えるとはどういうことでしょうか。

書籍『最強シンプル思考術』はこんな問いかけで始まります。著者の職業はプログラマー。プログラマーというと細かいコードを操作するイメージがありますが、建築家が設計図を描くように、ものごとをシンプルに表現する『モデルベース思考』を活用しているそうです。

例えば、都内の山手線。地図を正確に辿ると、それは凹凸のある楕円形、見方によってはひし形のようにも見えます。しかし、そのエッセンスを抽出して正円で表現しています。これは、書籍の中で『抽象化』と呼ばれています。

ミニマルな生活を送ることは、この『抽象化』を推し進めていることともいえます。抽象化の反対語は『具体化』です。生活を『具体化』して掘り進めていくと、アレもコレもと必要になってきます。普段着はコレ。春夏秋冬でそれぞれの服。キャンプのときはトレッキングブーツ。海にいくときはアロハシャツ。

具体化は悪いことではありません。しかし、細かい要素を拾いすぎることで、本質が見えづらくなってきます。反対に抽象化を推し進めすぎると、今度は本質すら見えなくなってきます。生きるための最低限の持ち物しかない。そこにはアイデンティティがありません。

ミニマルライフを送るプロセスは、この『抽象化』と『具体化』を繰り返すことが正しい。まずは、要素を削ぎ落として骨格だけを明らかにする。そうすると今まで複雑だった自分自身がシンプルに捉えられるようになります。しかしながら、骨格だけでは人間は成立しないので、そこに意味のある肉付けをしていく。

この本は持ち物を減らすための本ではありません。しかしながら抽象的に捉えれば、シンプルライフ本と同じ内容が書かれています。読み方によっては、考えを抽象化するための練習本になります。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack