読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

デジタルにあるものを現実のモノで置き換える

SelfManagement

最近のマイブームは『擬物化』です。英語では『Objectification』と呼ぶそうです。

簡単に言うと、デジタルにあるものを現実のモノで置き換えるということです。無機質なデジタルコンテンツが、このテクニックを使うことで馴染みのあるモノに感じられるようになります。そして、頭の中をわかりやすく整理することに役立ちます。これは、古くからPCで使われてきた概念の『ゴミ箱』にヒントを得ています。

Gmailにもゴミ箱があります。『削除済み』ではなく『ゴミ箱』というところがポイントです。ゴミ箱に入れるというアクションは日常生活にも存在するのでイメージしやすい。同じように『ゴミ箱を空にする』のも現実的です。新しい概念よりも、すでにある概念に置き換えることは、気づかないようでいて重要です。もうひとつ言うと『受信トレイ』というのもわかりやすい。『郵便ポスト』ではなく『受信トレイ』です。 E-mailはビジネスで使うことを想定していたので、こういう名前になったのかもしれませんね。デスクの横に置かれるトレイが頭の中にイメージできます。1段式とか3段式とかありますが、いずれにしても『受信トレイ』という認識なのです。

f:id:mlzk:20161030163611p:plain

それでは、リアルの手紙をもらったときに、人はどのような行動をとるでしょうか。ゴミ箱に捨てる手紙もあれば、大事に保管しておきたい手紙もあると思います。そこで私は『STORAGE BOOK』というラベルをGmailに作ることにしました。MIDORIの収納ボックスのタイトルを拝借しました。実物は持っていませんが、このラベルに保管されているメールは、この『STORAGE BOOK』に保管されているとイメージしています。

f:id:mlzk:20161030165553j:plain

f:id:mlzk:20161030165638j:plain

メールの振り分けの方法はいろいろあります。しかし、リアルな手紙をもらったときに、重要・仕事・プライベートなどと分けるでしょうか。感覚は人それぞれだと思いますが、現実の行動と照らし合わせて振り分けの項目を検討するのをおすすめします。

プライバシーポリシー
© 2014 Malzack