読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Malzack Blog

引き算の美学を追求するミニマリスト

ミニマリストのiPhone(壁紙)

iPhone

引き算の美学を追求するのがミニマリスト。iPhoneの壁紙も究極のシンプルを求めていて、静寂を感じる真っ白い壁紙がお気に入りです。

f:id:mlzk:20161103174101p:plainf:id:mlzk:20161103174128p:plain

ロック画面は真っ白なのに対して、ホーム画面はややグレーです。これはグレーを目指しているわけではなく、真っ白い背景を設定してもどうしてもこの色になってしまうのです。やや黒みがかかるのは、iOS10からのiPhone側の仕様なので諦めています。真っ白になりきれていませんが、ミニマリストらしい壁紙と言えるでしょう。

真っ白い壁紙に設定する方法は簡単です。なんでもいいので、白い背景のアプリや画面を表示させましょう。表示させたらホームボタンと電源ボタンの同時押しでスクリーンショットを撮ります。

f:id:mlzk:20161103173242p:plain

スクリーンショットを撮ったら、写真アプリからトリミングで白い部分だけを切り取り。そして、そのまま保存します。

f:id:mlzk:20161103175448p:plain

真っ白い切り抜きが保存できたら『設定』から『壁紙』と進みます。そこから、ロック画面とホーム画面の『両方』に設定しましょう。

f:id:mlzk:20161103175516p:plain

iPhoneの壁紙は、風景写真や趣味の写真にしている人がほとんどです。私も以前は心が落ち着くようなカフェの写真を設定していました。忙しいときの休憩時間には、このような写真は気持ちを切り替えてくれますが、このような写真を壁紙にするのにはデメリットがあります。

それは、集中力が散漫になってしまうことです。集中しているときの風景写真は、思考を中断させます。せっかくの勉強時間に写真が目にはいり、「そういえば最近旅行に行けてないな」と思い立ち、ハッと気がつくと「30分もSafariで旅行サイトを見ていた」なんてことになります。リラックス写真はDropboxにでも保存しておいて、リラックスしたいときに見ればいいのです。

究極のフラット背景とも言える真っ白い壁紙は、見た目が美しいだけでなく、iPhoneに振り回されないためのライフハックとしても有効です。お試しください。

iPhone SE 16GB シルバー - Amazon


再びホーム画面まで真っ白にすることに成功しました。
究極にミニマルなiPhoneの壁紙 - Malzack Blog
プライバシーポリシー
© 2014 Malzack